目標ができるとやる気もでる!

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。
こんにちは~♪

昨日とっても嬉しいことがありました。

やめるのやめます

5月に発表会を終えた小学生の男の子が
先生に「ピアノやめます」とおっしゃいました。

以前から練習が嫌だからやめたいとおっしゃっていたので、
先生は「けじめとして発表会でしっかり演奏しましょう。
ちゃんと演奏出来たらその後にもう一度考えてみましょう。
それでもやめたいときは引き止めませんよ。」と
おっしゃっていました。

 

発表会後、本人から「やっぱりやめたい」おっしゃったので
教室を退会されることになりました。

 

とてもまじめな男の子で理解も早く、練習すればどんどん
上達されていました。ですから指導面でも「もっともっと」
っとなってしまったようで「ご本人にとっては負担になって
きていたのかな~」と先生はおっしゃり、お母さまも
残念がっていらっしゃいました。
しかし昨日突然お母さまとその男の子が受付に
お越しになられました。

そして男の子が少し照れ臭そうに笑顔で
「退会の紙書いて出しましたが、やっぱりやりたいです。」
「!!!!」

奥のデスクで仕事をしていた私はその言葉が
耳に届き、ビックリして駆け寄りました。
横にはお母さまがほほ笑んでいらっしゃいました。

目標ができた

もう一度確認すると「弾きたい曲ができたから」ということでした。

 

それじゃあ早速先生に連絡するね!と言って
電話で直接先生にご本人から報告してもらいました。

先生も直接報告を聞いて大喜びされていました。

早速レッスン時間や日程を調整して
教室に復帰してもらうことになりました。

 

もしかしたら彼にとっては何のためにピアノを
習っているのか少し考える時間が必要だったんでしょうね。
練習をしないといけない、嫌だなと思わなくてよくなると
気持ちに余裕ができたのかもしれません。

 

しかも弾きたい曲ができ、それが演奏できるように頑張ろう
と自分で目標を立ててくれました。
とてもいい結果になって本当に良かったです。

 

これからも楽しくピアノを続けてほしいと思います。

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - レッスンについて, 教室の様子