発表会、聞きに行く系?

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

昨日と今日とは発表会。
藤原第センターから徒歩1分の「ありまホール」で
お世話になっています。

 

●昨日3回

 

実は昨日は朝から1回と昼から2回の
合計3回も発表会をしてきました。
各2時間くらいの本番を3回ですので、
さすがにくたびれました。

 

 

といっても、うちの生徒さんばかりではなく、
実は午前中の1回は地域のレスナー(指導者)さんの
生徒さんが集まっての合同発表会を
開催させてもらいたんです。

 

●合同発表会

 

まだ経験の浅い若い先生だと生徒数が少ないために
ご自身で発表会を開催することができません。

 

もともとこの合同発表会はそういった方からの要望で
始まった企画なのですが、今では本番にむけての両稽古や
他流試合的な意味合いを込めてこの合同発表会の場を
利用される方もいらっしゃいます。
始まった当初は普通の発表会でしたが、
ここ数年はちょっと面白い展開を見せているんです。

 

●色々と面白い

 

当店もかなりの回数の発表会を年間に開催していますが、
やはりある程度決まった型のようなものがあります。

これくらいのテンポでお名前の紹介をするとか、
休憩はこれくらいとか。

 

フォーマットがあるから何度繰り返しても
あまりブレがないのですが、
この合同発表会は関わってくださる先生も
出演される生徒さんも毎年変わるので、
これと決まった型があるようでないんです。
なので、クラシックをちょっと優しくアレンジしたものを
演奏する人もいますし、
ポピュラーの名曲を演奏する人もいます。

誤解を恐れずにいうとごった煮状態なんです。

でもこれがおもしろいんです。

 

 

●おすすめ

 

実は、こういった自分以外の人が関わっている発表会を
聴く機会って、あまりありません。

でも、聞きに行くことでいろんな発見があったりします。

 

あるピアノの先生は、
ふらっと出かけた先でたまたま誰かの発表会に
出くわした時はほんの少しでもいいから中に入って
聞かせてもらうようにしている、とおっしゃっていました。

 

発表会ですからそもそもマンネリなんて言葉を使うのが
間違いなのかもしれませんが、
このマンネリに陥ることほど怖いことはありません。

いろんなところから情報を入れたり、
外部から面白いと思うものをマネさせてもらったり
することは、先生だけではなく出演者にとっても
いいことなんだと思っています。

 

ちょうど時期的に発表会のシーズンです。
ぜひいろんな発表会に通っていただき、
いろんなスタイルを感じてくるのもいいかもしれません。

先生だけでなく、生徒さんも、
保護者の皆さんも、ね。

 
 

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 発表会