どこを見た?何を感じた?

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。

 

新年あけましておめでとうございます

今年もどうぞよろしくお願いいたします

 

 

皆さんはどんな年越しをされましたでしょうか?

ぼくはというと、非常にまったりとした年越しでした。

 

●紅白歌合戦

 

いまの年末のテレビ事情は

格闘技やお笑いなどいろいろな選択肢がありますが、

我が家は一貫して紅白歌合戦。

音楽を生業にしているということもありますので、

紅白を横目で見ながら蕎麦をすするのが

毎年年末の定番です。

 

ただ、音楽といっても日ごろ関わっている音楽は

クラシックが中心で、ポピュラー音楽はほとんど知りません。

古くから活躍されているベテランの演歌歌手の皆さんなら

存じ上げているものの、

今年も新しい歌手の方はほとんど知らない方が多かったです。

 

 

●知らない人・知らない歌

 

でも、知らない人だから・知らない歌だから興味がないのか

というとそうでもなくて、

逆にそういう人のステージの方が面白かったりするんですよね。

いろんな発見があって。

 

昨日もいくつかの新しい歌手の方のステージを

興味深く見させてもらいました。

 

 

●プロのステージ

 

紅白を見ていていつも感じるのは、

秒刻みのスケジュールを懸命に進行されている

スタッフさんの存在です。

 

ひとつしかないステージを上手に転換し、

あれだけたくさんのミュージシャンの舞台を作っていく

というのは並大抵の作業ではありません。

 

きっとこの当日を迎えるために何度も何度も

ミーティングを繰り返してきたんだと思います。

ミュージシャン側とも何度も折衝を繰り返して

こられたことでしょう。

 

それぞれのステージが華やかであるように、

見ている方の印象に残るように、

そして出演者側の思いも組んだ演出ができるように、

そんなことを全て含めて作られたのが

昨日の舞台だったのではないかと思います。

 

 

●音のこだわり

 

昨日のステージでは大きく分けて2種類のマイクが

使われていました。

 

ひとつはワイヤレス(無線)マイク、

もうひとつはワイヤード(有線)マイク。

このマイクのチョイスについては歌手の皆さんの

こだわりを感じました。

 

ダンスなどの関係でよく動く人は仕方ありませんが、

一般的に歌が上手と言われている方々は

有線のマイクを使われていたのがわかりましたでしょうか?

 

今は無線の技術も非常に進歩しているのですが、

音質の面を考えると無線より有線のほうが上なんです。

なので、しっかり(ちゃんと)歌われる人ほど

有線マイクを好まれることが多いんです。

それがテレビを通してもきちんと見れたので

よかったなと思いました。

 

 

我々はイベントが得意な楽器店ですので、

紅白歌合戦を見てそんな裏側の動きを感じてしまいました。

みなさんの感じたことはどんなことでしたでしょうか?

また機会があれば教えてくださいね。

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - イベント屋