満員御礼!解体ショーとは?

      2017/07/17

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

 

お陰様を持ちまして今年のピアノ解体ショー、

2会場とも満員御礼になりました!

 

●解体ショーとは?

 

3年前の秋ころに行いましたスタッフミーティングの中で

突然飛び出した「ピアノ解体ショー」という案。

ピアノの中身を知ってもらうことで興味を持ってもらい、

レッスン意欲を高めることができればーという

考えから始まったのですが、

開催のタイミング的は夏休みだろうということで、

そのまま約1年間寝かして翌年の夏休みに開催したのが

記念すべき第一回目のピアノ解体ショーなんです。

 

●こんな話をします(予定)

 

当店のピアノ解体ショーはピアノに関する知識を

身につけてもらうために行います。

・ピアノの音の出る仕組み

・グランドピアノとアップライトピアノの中身の違い

・ピアノの部品の説明

・なぜこんなに大きな音が出るんだろう?

・ピアノの歴史、音楽の歴史

・ピアノの本名って知ってる?

 

「解体ショー」と検索をしてもらうと、

全国いろいろな楽器店さんで解体ショーが開催されています。

ただ、これはなにか決まったフォーマットがあって

行っているイベントではなく、各楽器店さんによって内容は様々。

上に書いた内容はある意味王道ですので、

これくらいの内容であれば全国どこの楽器店さんでも

受講できるんじゃないかなと思います。

 

そこで、当店はオリジナルの要素として電子ピアノの中身も

一緒に見てもらうという企画を追加しています。

 

電子ピアノってピアノとは全く違う構造をしているのに、

ピアノっぽい扱いをされているじゃないですか。

それに、電子ピアノはピアノ以上に内部の想像ができない

楽器な(だと思う)ので、これを機会に電子ピアノの

いいところ/悪いところも知ってもらえればーと思っています。

 

なので、平瀬楽器のピアノ解体ショーは、

実は生ピアノと電子ピアノの解体ショーなんです。

 

●そんなにバラバラにしません

 

このピアノ解体ショー、今年の日程が決まってからは

ホームページやフェイスブックなどで告知をしているのですが、

知人から一番多い質問は

「バラバラにしてちゃんと戻せるの?」

というもの。

 

 

まぁ、一応プロの調律師ですのでバラバラにしても

組み立てはちゃんと出来るはずなんですが(汗)

でも実際はそこまでバラバラにはしないんです。

 

イメージはそれぞれ違うかと思いますが、解体というと

鍵盤一本一本、弦も全部取って、足も外して…が

バラバラのイメージなのかもしれません。

でも、さすがにそこまでやってしまうと、

仮に組み上げられたとしても翌日からのレッスンが

できなくなりますので(汗)

 

なので、そこまでバラバラにはなりません!

あくまでも楽器の中身を見てもらうのが解体ショーなのです!

 

●満員御礼!

 

今年は7月末と8月頭の2日間、各センターでの開催を決定し、

募集しましたところ、早々に満員御礼となりました。

大変申し訳ありませんが、ここからご希望の方は

来年開催分へのご参加をお待ちしておりますm(__)m

 

ピアノの歴史と構造を楽しく学び、

ピアノをもっと好きになってもらうピアノ解体ショー、

間も無く開催です!

 

 

 

★☆★☆毎年大好評!【平瀬楽器のピアノ解体ショー】☆★☆★

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - ピアノのこと