障がいを持った子どもたち

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

昨日は発表会、音響の仕事で伺ってきました!

 

●障がいを持った子どもたち

 

当店所属講師にN先生という方がいらっしゃいます。

 

大ベテランのN先生は、もともとヤマハ音楽教室の

講師をやってらした方で、指導も成績

(入会とか進級とか)も優秀でヤマハ本部から

表彰されたこともあるような方です。

 

そんなN先生、いまはヤマハ講師をお辞めに

なって、個人レッスンを教えてらっしゃいます。

 

個人レッスンといっても長いキャリアが

ありますので、小さなお子さんから受験生まで

幅広く見れる先生ということで大変重宝している

のですが、ここ数年は障がいを持った子どもたちの

レッスンに特に力を入れていらっしゃいます。

 

 

●出来ること・出来ないこと

 

指導や姿勢を気に入っていただいた方からの

紹介が相次ぎ、いまや結構な人数の障がいを

持った子どもたちを教えていらっしゃるN先生。

 

昨年からは、その子たちが中心となった発表会を

やってみようということで一緒に取り組ませて

もらっています。

 

 

障がいと一言でいっても多種多様。

言葉を発することが出来ない子もいますし、

健常者じゃないかと思うほどに普通に会話や

やり取りが出来るような子どももいます。

ですので、当然出来ること・出来ないことが

違ってきます。

 

そんな一人ひとりの状態に応じて課題を与え、

時間をかけて作ってきたのが昨日の発表会でした。

 

 

●フォロー

 

普通の発表会であれば、

名前を呼んで、ピアノを弾いて、

お辞儀をして、拍手をもらって、

舞台から下がったらおしまいですが、

昨日の発表会はそうはいきません。

 

人前に出ることに拒否反応を示す子も

いますし、太鼓のバチを一人で手に

取れない子もいます。

 

鍵盤の位置を教えてあげたり、

一緒に歌を歌ってあげたり、

とにかく手がかかるんです。

 

でも、それもすべてN先生の門下の方々が

中心となってフォローをしてくださっていました。

これも先生と生徒さんの長年の信頼関係の

賜物だなぁと思った次第です。

 

 

●あったかい会場

 

会場に来られるお客様の大半は

出演者のご家族です。

 

ですので、障がいを持った子どもたちに

対する理解は十二分に持ってらっしゃる方ばかり。

たとえ人前に出ることが嫌になって駄々を

こねる子がいたとしても、囁くような声で

歌ったとしても、すべてニコニコと

受け入れてくださっていました。

 

 

日頃は普通の発表会やコンクールなどの

仕事が多く、本番の現場でつっかえつっかえ

演奏をしているのを聞くと顔をしかめがち

なのですが、昨日は全く逆でした。

 

つっかえつっかえだったとしても

笑顔で見守れる発表会でした。

 

 

 

「音楽で、この街の笑顔を増やします。」

という理念は、上手な人たちだけに向けての

言葉ではありません。

 

昨日のような障がいを持った子どもたちで

あっても、音楽を通じて周りの人と一緒に

笑顔になることが出来るのであれば、

それに向けての労力は惜しみたくないと思っています。

 

障がい者向けのレッスンというのは大変では

ありますが、取り巻く環境も含めて

ひとつの完成形がここにあるのかな

と思った昨日の発表会でした。

 

 

また来年も同じ時期に開催する予定です。

いまからまた楽しみですね。

 

 

★☆★☆毎年大好評!【平瀬楽器のピアノ解体ショー】☆★☆★

 

☆平瀬楽器 音楽教室 体験レッスンキャンペーン実施中!☆

体験スケジュールはここをクリックしてください!

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

 - 発表会