楽器の修理を覚える方法

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

今日はぼく個人のお仕事のお話を。

 

●ピアノが本業

 

このブログを読んでくださっている方はご存知かと

思いますが、一応ぼくの本職はピアノの調律師です。

 

調律師という名前に惑わされがちなのですが、

調律以外にも調整(ピアノの場合は整調といいます)や

修理など、ピアノに関することはだいたいなんでもやります。

 

アップライトピアノでもグランドピアノでも、

ヤマハでもカワイでも、

自動演奏がついていても消音ピアノであっても、

いかなるパターンでもピアノと名付けば触る事が

できるのが調律師です。

 

あ、電子ピアノだけは×ですけどね。

 

 

●楽器の修理?

 

ぼくの場合は調律以外にもいろんな楽器の修理を

行っています。

ポピュラーなところではギターやベース、

ウクレレなどの弦交換。

 

エレキギターの修理なんかもやります(ハンダゴテは

あんまり得意じゃないですけど)。

 

その他では鍵盤ハーモニカの修理や太鼓の皮の張替え、

ヴァイオリンやチェロの弦交換もやります。

 

そういえば明日はコントラバスの弦交換が

予定されています。

実はアレ、けっこう大変なんですよね〜(汗)

 

●習うより慣れろ

 

これらの楽器の修理や調整は一体どこで

習ったのかと聞かれることが多いです。

 

実をいうと誰かに教わったということが

あんまりないんです。

 

 

一番最初のとっかかりとしてギターの先生に

ギターの弦の交換方法を教わりました。

 

そして次にギターの問屋さんに行って、エレキギターの

簡単なお手入れ方法を教えてもらいました。

 

 

あとはすべて独学です。

ウクレレもヴァイオリンも、

鍵盤ハーモニカも太鼓類も、

すべて実戦で覚えていきました。

 

学校に行って覚えることも多いとは思いますが、

現場で習うことのほうが多いんじゃないかな。

 

ま、でもなかなか普通はそんなチャンス自体が

ないんですよね。

たまたまうちの場合は人手が足らなかったので、

自分でやらざるを得なかったというだけです。

 

今思うと、それはそれでよかったのかなと

思っています。

 

 

●なんでもOK(たぶん)

 

 

これまでも結構いろんな修理をしてきました。

自分で手に負えないものについては、

取引先にお願いをしたりしてなんとか

ご要望にお答えさせていただいてきました。

 

きっとそれはこれからも一緒で、

いろんな修理をしていくことになると思います。

 

ハンダゴテが得意じゃないとか、

電子ピアノはちょっと無理とか

いろんな条件はありますが、これからも

きっとまた新しい楽器に出くわしたときには

手探りで対策を考え、自分でなんとか

やっつけていくんだろうなぁと思います。

 

きっとなんでもOK。

それがぼくの強みなのかもしれません。

 

 

●修理おまかせください

 

 

というわけで、平瀬楽器ではだいたいどんな

楽器の修理でもお受付しております。

 

状況によっては数日間のお預かりになる

こともありますが、きっといい状態でお戻し

できると思いますので、何か不具合が

あったときにはだましだまし使うのではなく、

すぐにお店にお持ち込みくださいね。

 

なるべくリーズナブルな価格でいい状態に

修理できればと思っています!

 

 

★☆★☆毎年大好評!【平瀬楽器のピアノ解体ショー】☆★☆★

 

☆平瀬楽器 音楽教室 体験レッスンキャンペーン実施中!☆

体験スケジュールはここをクリックしてください!

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 楽器修理