休符はいつ出てくるの?

      2020/10/28

 

vol.1511

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。

おはようございます! 
休符って休みではないんですよね。
前にも書きましたが。

 

●休符は休みではない

 

休符の扱いってとっても難しいです。

ソロであれば問題ないのですが、
オーケストラやアンサンブルになると、

誰かが演奏していて、
誰かが演奏していないという
場面はよくあります。

 

いわゆる休符の状態です。

 

 

そこでよくあるミスが、
休符をしっかり休んでしまって、
次に入るときに入り遅れてしまう
というミス。

一番やってはだめなやつです。

 

 

なので、休符って休みじゃないよって
言われるんですよね。

 

単に音が出てないだけなんです。

 

 

●人間は別

 

でも、それはあくまでも
楽譜の中の話であって、
人間は別です。

 

人間はちゃんと休符の部分を
しっかり取って、
次の動きに備えないといけません。

 

ずっと動き続けるのは
やっぱり無理が生じます。

 

 

もちろん遊びすぎて
翌日に支障をきたす、
なんてことがあったら
本末転倒ですが、

適度に休符を感じることって
大切なんだと思います。

 

 

何が言いたいかというと、
いまちょっとオーバーワークなんですよね。

 

休まないとーと思いつつ、
なかなか休めない日々が
続いております(^_^;)

 

なんとかしないとー。。

 

いつになったら休符が出てくるのやら…。。

 


 

★毎日発行メルマガ「音楽で、この町の笑顔を増やします。」発行中!登録してくださいねー

平瀬楽器YouTubeチャンネル最新の動画

■ライブ配信新番組スタートします!

 

楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回
お届けします!

PCでご覧の方はこちらを クリックしてください♪

子供の楽器から大人の鍵盤楽器へと
進化した鍵盤ハーモニカの可能性に
触れてみませんか?
体験会参加者募集中です!


詳しくはこちらを
クリックしてください♪

鍵盤ハーモニカのクリーニングはこちらをご覧ください

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 未分類