ホスピタリティ

      2020/10/27

 

vol.1510

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。

おはようございます!
 

昨日から1週間、三田バルという
飲食店のイベントが行われています。

 

●バル

 

どこの町でもバル系の
イベントは盛んですよね。

 

ご存じない方のために説明すると、
バルというのは統一ルールのもとで
いろいろな飲食店をめぐることができる
というちょい呑みイベント。

 

お客さんからすると、
普段行ったことのないお店に
気軽にチャレンジすることができますし、

お店からすると
新しいお客さんが来てくれるかもしれない、

という両者ともに
いい思いをすることができる
イベントです。

 

 

三田のバルも10年くらい
大好評で実施していたのですが、
コロナの影響により
1日開催から一週間の開催へと
スタイルを変えて開催と
なったんです。

 

 

●ホスピタリティ

 

例年のバルはものすごい人なんです。

行列ができて、ものすごく賑わって。

 

お店の方もたくさん来るお客さんを
とにかくさばくのに一所懸命になります。

 

お客さんもそんなバルの雰囲気を
楽しみに来ている様子です。

 

しかし今回のバルは1週間という
長丁場。

特に昨日は初日だし、
日曜日だし、
ということもあって、
各お店の対応はまちまちでした。

 

 

昨日は3店舗まわりました。

2件はとってもよかったのですが、
1件はとっても残念な結果でした。

 

 

まずお店の方がバルのことを知らない
(スタッフ間で周知できていない)。

知らないから対応が悪い。

ついでに商品がおざなり。

店内をよく見ると、
色んな所にホコリは積もってるし、
剥がれかけのポスターは
放置されたまんま。

 

こりゃーダメだわって感じでした。

 

 

次に行ったお店は
家族経営の小さなお店。

 

店内は小綺麗に片付いてますし、
スタッフさんとの会話も楽しい。

出された料理もとっても満足。

 

もう忘年会はここでやろうって
決めました(笑)

 

 

同じチャンスを貰っておきながら
真っ二つの評価になりました。

とっても残酷な話ですけどね。

 

 

●商品も大事だけど

 

 

出す商品はもちろん大切です。

でも、もっと大事なのは
雰囲気や対応なのかなと思います。

 

少々おざなりな商品であっても、
元気の良い対応、
心地の良いスペースであれば、
それほど悪い評価には
結びつかなかったかもしれません。

 

 

商品も大事ですけど、
もっともっと大事なことがある
っていうのに気付かされた出来事でした。

 

同じような過ちをしないように
意識しないといけませんね!

 


 

★毎日発行メルマガ「音楽で、この町の笑顔を増やします。」発行中!登録してくださいねー

平瀬楽器YouTubeチャンネル最新の動画

■ライブ配信新番組スタートします!

 

楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回
お届けします!

PCでご覧の方はこちらを クリックしてください♪

子供の楽器から大人の鍵盤楽器へと
進化した鍵盤ハーモニカの可能性に
触れてみませんか?
体験会参加者募集中です!


詳しくはこちらを
クリックしてください♪

鍵盤ハーモニカのクリーニングはこちらをご覧ください

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 地域のこと