おでこで鍵盤ハーモニカ

   

 

vol.1494

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。

おはようございます!
 

最近少なくなりましたが、
音曲漫才というジャンルが日本では盛んでした。

このジャンル、ご存知ですか?

 

●音曲漫才

 

漫才というと2人の人がマイクを前に
並んで立ち、
面白いことを話すという話芸。

 

その中で替え歌なんかも
挟まれたりするのですが、
そういった音楽の部分に
スポットライトを当て、
特化したのが音曲漫才です。

 

イメージとしては
ギターや三味線を持って
マイクの前に立ち、

歌ネタを中心に
進行していくというもの。

 

当然ですが演奏や歌が下手では
成り立たない、

しかもおもしろくないと
普通の音楽になってしまう
という非常に難しいジャンルです。

 

●おでこで鍵盤ハーモニカ

 

YouTubeをみていてたまたま見つけたのが
この「めおと楽団ジキジキ」。

古い形の音曲漫才を継続しているちょっと珍しい夫婦漫才です。

 

ご主人の方はギターを弾きつつ進行し、
奥さんのほうが歌を歌ったり、
いろんな鍵盤楽器を駆使して
面白いことをするというのが基本形のようです。

 

そんな中で鍵盤ハーモニカを使う
シーンがあったのでご紹介。

一回目は鍵盤ハーモニカで
トルコ行進曲を演奏というシーン。

多くない鍵盤数で、
しかも片手でトルコ行進曲の
早いパッセージを弾く姿は圧巻。

 

基本的に演奏が達者じゃないと
おもしろいうことはできない、
というのを感じさせてくれます。

 

そしてその次は鍵盤ハーモニカで
「男はつらいよ」を演奏するのですが、
おでこで演奏されるんです。

これがなかなか興味深い。

黒鍵だけで演奏できているんでしょうけど、
上手にごまかしつつ演奏をされています。

 

楽譜をよく研究して、

これなら黒鍵だけで弾けるんじゃない?

ということは指を使わなくても弾けるんじゃない?

おでこでやってみよう!

 

となったんでしょうね。

研究の成果ですよねー。

 

 

決してメジャーな方々ではありませんが、
とっても興味深かったので
ぜひご覧ください(^^)

 

 


 

★毎日発行メルマガ「音楽で、この町の笑顔を増やします。」発行中!登録してくださいねー

平瀬楽器YouTubeチャンネル最新の動画

■山中淳史&前北恵美 デュオ・コンサート〜タファネルを讃えて〜 (2020年10月18日 世良美術館)コンサート告知動画

 

楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回
お届けします!

PCでご覧の方はこちらを クリックしてください♪

子供の楽器から大人の鍵盤楽器へと
進化した鍵盤ハーモニカの可能性に
触れてみませんか?
体験会参加者募集中です!


詳しくはこちらを
クリックしてください♪

鍵盤ハーモニカのクリーニングはこちらをご覧ください

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 動画