テスト配信の課題~すぐやる・あとで直す~

   

 

vol.1444

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。

おはようございます!

 

昨日は来月に控えている
配信ライブのテスト配信を行いました。

 

この日のブログにも書いていますが、
配信の形でのライブを
ずっとずっと作りこんできていました。

前回はポピュラーでしたが
今回が課題であったクラシック。
しかも、うたです。

 

おそらく1番難しいであろう歌が
1番最初にやってきました(汗)

 

配信のほうはこれまでも
実験をたくさんしてきたので
おそらく問題ないと踏んでいたのですが
やはりうたの方でいろんな課題が
見つかりました。

やっぱり簡単では無いですよね。

 

●音質重要

 

配信ライブの場合、
お客さんはパソコンかスマホで
参加されると思います。

もちろん音質は見られる人の環境に
左右されますが、
出来る限り良い音を送らないといけないと
思っています。

 

アンプを使う楽器であれば
直接音を電波に乗せることができるので
ほぼ劣化することなく送ることが
できるのですが、

生の楽器はどうしても一度マイクで
受けるという作業が入ります。

特にうたの場合はどこにマイクを置くか
というのが非常に大きなポイントになります。

 

出来る限り自然な感じで拾いたい。

しかし自然に出しすぎると簡単にスマホで
撮っているように見えるかもしれない。

そこら辺のジレンマが非常にあります。
それが一番の課題です。

 

いくつかのパターンを試したことで
おそらく満足できる画作り・音作りが
できたのではないかと思っています。

 

●すぐやる・あとでなおす

 

これもやはり一度時間を作って
テストに来てくれた出演者のおかげ。

ぶっつけ本番ではそこそこの事は
できたとしても、満足できる結果は
出せなかったんじゃないかなと思います。

 

 

いま、いろんなことを考えて
動いていますが、
その全てがうまくいくわけではありません。

 

しかし何をするにしてもきちんと準備をする。
そしてそれをまた修正する。

その感覚が大切かなと思います。

 

まさに、すぐやる・あとで直す。

 

やっぱりこれ重要ですよね。

 


 

★毎日発行メルマガ「音楽で、この町の笑顔を増やします。」発行中!登録してくださいねー

平瀬楽器YouTubeチャンネル最新の動画

■赤松林太郎先生とトークセッション | 平瀬楽器のライブ配信

 

楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回
お届けします!

PCでご覧の方はこちらを クリックしてください♪

子供の楽器から大人の鍵盤楽器へと
進化した鍵盤ハーモニカの可能性に
触れてみませんか?
体験会参加者募集中です!


詳しくはこちらを
クリックしてください♪

鍵盤ハーモニカのクリーニングはこちらをご覧ください

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - ライブ配信