ピアノは何歳から学ぶのがベター?

   

vol.1237

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 
ピアノって何歳から始めるのが
いいんですか?

と相談されることがたまにあります。

 

そういう質問を持ってこられる方の
多くは、ヴァイオリンは2〜3歳から
はじめないとダメ、とかいう話を
ご存知な方のようです。

 

ではピアノは何歳からスタート
するのがいいのでしょうか?

 

 

●ヴァイオリンと筋肉

 

まずなぜヴァイオリンは2〜3歳からと
言われるか、なんですが。

これは割と明確な答えがあります。

 

それは、あの不自然な演奏姿勢なんです。

首を曲げて顎で楽器を挟むという姿勢を
作るためには、
なるべく幼い時期から筋肉を鍛えないと
ダメと言われています。

なので、ヴァイオリンは2〜3歳から
なんです。

 

 

ではピアノはどうでしょうか?

 

●ピアノに必要なのは?

 

ピアノという楽器は鍵盤を押せば
誰でも音が出せる楽器です。

管楽器のように音を出せるように
なるまでに高いハードルがあるわけでも、

ヴァイオリンのようにちょっと変な
姿勢で演奏する必要もありません。

単純に鍵盤を押すだけでOKです。

 

でも、その単純に鍵盤を押すという作業が
小さなお子様にとってはなかなか大変なのです。

 

 

●強弱・音色

 

ピアノという楽器は、鍵盤を押す力によって
強弱や音色の変化をつけることの出来る楽器です。

これはおそらく他の楽器には
なかなかない性質だと思います。

 

もちろんこれは経験のない小さなお子様では
きちんとした指先のコントロールは無理で、
ある程度訓練を経てできるようになること
なのですが、

これがきっとそっくりそのまま
ピアノを始める年齢という問いに対する
答えなのかなと思います。

 

 

音を出すだけなら誰でも出来る。

でも、練習をしようと思うと、ある程度
肉体的な成長が必要ってことなんです。

 

 

●ヤマハは?

 

ヤマハ音楽教室ってピアノを習っている
イメージがあるかもしれませんが、
実はそうではありません。

レッスンの中でピアノも使いますが、
特に年齢の低いクラスは
エレクトーンをメインの教具として使います。

 

これは先程も書きましたとおり、
小さなお子さんは指の力が弱いため、
無理してピアノを弾かせることなく、
比較的弱い力でも音を出せる
エレクトーンを使っているんです。

 

 

楽器を学ぶにもタイミングがあります。

小さなお子さんにピアノを、エレクトーンを、
とお考えの方はよーくタイミングを
見計らってくださいね。

 

 


 

2020年春の無料体験レッスンスケジュール発表!いよいよご予約受付開始です!

 

 

兵庫三田ピアノアカデミー

第7期生 修了コンサート


 

日 時:2020年2月9日(日)13:30開演
会 場:神戸市立北神区民センター
ありまホール
入場料:1,000円

 

全国各地から集まった生徒さんによる一年間の成果披露コンサートです。

どんなコンサート?と気になった方は、こちらの記事をチェックしてください!

★毎日発行メルマガ「音楽で、この町の笑顔を増やします。」発行中!登録してくださいねー

 

楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回
お届けします!

PCでご覧の方はこちらを クリックしてください♪

子供の楽器から大人の鍵盤楽器へと
進化した鍵盤ハーモニカの可能性に
触れてみませんか?
体験会参加者募集中です!


詳しくはこちらを
クリックしてください♪

鍵盤ハーモニカのクリーニングはこちらをご覧ください

平瀬楽器YouTubeチャンネル最新の動画

[5]コソッと公開!オカリナレッスンの様子♪

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。

 - 未分類