理屈も大事。でも気持ちはもっと大事。

   

vol.1238

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!
 

今年の目標の1つに
「ピアノを弾けるようになる」
というのがあります。

調律師なんて仕事をしていると
ピアノは当然弾けるものと
思われがちなのですが、

おそらく実際には3分の2は弾けないんじゃ
ないかなーと思います。

ぼくは何とか今年がんばって、
3分の1のほうに加わりたいなと
思っています(笑)

 

そこで教材として選んだのが
こちらの本です。

http://hirasegakki.com/klfz

●コード

 

どんな本でも基本的な事は同じように
書いてあるのですが、この本は
コードを中心に書いてありましたので
それほど難解ではないかなと思い
手に取りました。

で、少しずつ見ているのですが…。

 
ぼくはもともとウクレレやベースを
やった経験がある関係で
コードのことを少し勉強してきた
歴史があります。

 

それがあるのでコードを見ても
アレルギーを感じません。

 

しかし一方でフルートだけをやってきた
嫁さまはコードが苦手なようです。

さすがにCを見たらドミソだということは
わかるのですが、
その他の展開がいまいちわからない
とのことなのです。

 

●だって、そうやもん。

 

5歳の姪っ子がヤマハで学んできた
ドミソ→シファソ→ドミソという
とても簡単なコード進行も、
嫁はなぜそうなるのかが理解できないと
言っていました。

 

姪っ子に聞くと、
「だって、そうやもん」としか
答えません。

まぁ、そらそうですよね(笑)

 

おとなになるとどうしても理屈で
考えてしまいがちなのですが、

コードというものは気持ち良いか悪いかが
基準になっていることが多い
ような気がします。

 

 

例えばドミソ→シファソ→ドミソは
クラシックでいうとⅠ→Ⅴ→Ⅰのパターン。

誰が聞いても気持ちが良い形です。

しかし子供にとっては、
これがどんな構成であっても

気持ちがいいから、

これが普通だから、

ということで体で覚えちゃう。

そういうもんなんじゃないでしょうか。

 

●理屈も大事ですが

 

今回買った本はどうしても理屈が多くて
最初とっつきにくい感じがしたのですが、
おとなって形から入りがちですもんね。

もちろん理屈はとても大事です。

でも理屈だけじゃなくて、
気持ちの面からもコード進行や
音の動きをとらえることができれば、

もっともっと音楽を楽しめるかも
しれないなと思いました。

 

せっかくの機会なんで嫁さまも一緒に
勉強していきたいなと思います。

 

目指せピアノを弾ける調律師!(笑)

 


 

2020年春の無料体験レッスンスケジュール発表!いよいよご予約受付開始です!

 

 

兵庫三田ピアノアカデミー

第7期生 修了コンサート


 

日 時:2020年2月9日(日)13:30開演
会 場:神戸市立北神区民センター
ありまホール
入場料:1,000円

 

全国各地から集まった生徒さんによる一年間の成果披露コンサートです。

どんなコンサート?と気になった方は、こちらの記事をチェックしてください!

★毎日発行メルマガ「音楽で、この町の笑顔を増やします。」発行中!登録してくださいねー

 

楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回
お届けします!

PCでご覧の方はこちらを クリックしてください♪

子供の楽器から大人の鍵盤楽器へと
進化した鍵盤ハーモニカの可能性に
触れてみませんか?
体験会参加者募集中です!


詳しくはこちらを
クリックしてください♪

鍵盤ハーモニカのクリーニングはこちらをご覧ください

平瀬楽器YouTubeチャンネル最新の動画

[5]コソッと公開!オカリナレッスンの様子♪

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。

 - ピアノのこと, ヒラセトモキのこと