すぐにできなくてもいいんだよ。を伝えたい

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。
こんにちは~♪

子育て中のお母さまの悩みは尽きることがありませんね

しばらくお休みした方がいい?

レッスンがスタートして約半年。2冊目のテキストに
入ったところ、そろそろ両手で弾く曲が出てくる時期になった
ヤマハ音楽教室の幼児科レッスン。

幼児科のレッスンではご家庭での宿題は復習です。
レッスンをお休みすると当然やっていないことが
宿題になって出てきます。

 

 
今回の生徒さんのご家庭ではお母様の体調不良や
お仕事が重なり何度かレッスンをお休みされました。

そうなるとお子さんはご家庭での練習がうまくできず、
レッスンに来てもみんなの前でできないのがいや!という
気持ちからレッスンに来るのを嫌がるようになられていました。

 
お母さまはしばらくレッスンをお休みして次にスタートする
クラスに改めて入り直す方がいいんじゃないかとご相談に
来られました。

 

確かに次に新たにスタートするクラスに入り直せば
最初の半年間は経験したことなので簡単にできます。

 

 

自信をもって取り組めるようになれば
うまくいくのではないかと考えていらっしゃいました。

すぐにできなくてもいい

確かにそれでうまくいくお子さんもいらっしゃいます。

 
でも私たち受付スタッフから見ているとこのお子さんは
「できなければ恥ずかしい。だからやらない」と
思っていらっしゃるように感じられていました。

 

率直にそのように感じるのですがお母さまはどのように
思われますかと伺うと「確かに普段からそうなんです!」と
おっしゃられました。

 

 

そういうお子さんの場合、今後もできないところが出てくると
嫌になってしまう傾向が強いです。

 

まずは「すぐにできなくてもいい」「できないことは恥ずかしいことではない」
ということを早めに理解していただければいいなと思っていることや
どうしてもできないところは補講レッスンも対応できると
言うことをお伝えしました。

 
そうするとお母さまはもう少し頑張ってみようと
いう気持ちになっていただけたようです。

 

 

もっともっと生徒さんひとりひとりの様子をしっかり観察し
その時できるベストな手段を提案できるといいなと
改めて思いました。

 

 

お悩み中の保護者の皆さん!いつでもご相談にお越しくださいね!

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - レッスンについて, 考えていること