体調不良と書き順と

   

vol.1190

 

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。

おはようございます!

 


 

平瀬楽器ではただいま
秋の個人レッスン入会キャンペーン実施中です!

11月末日までにご入会の方は、
なんと初月のお月謝が無料になるという
スペシャル企画!

もうすでに多くの方にお喜びいただき、
レッスンを始めていただいています。

この機会に、あなたも音楽はじめてみませんか?


 

昨日は出張の疲れが出てしまったのか
終始絶不調でした。

体調が悪かったので
仕事はあまりはかどらず、
納得のいく1日ではありませんでした。

 

変に無理したのが良くなかったんですね。

やはり何をするにおいても体調って
大切なんだなと思いました。

 

●書き順

 

体調が思わしくなかったので少し早めに
帰宅したら、夜に5歳になる姪っ子が
ひらがなの練習をしていました。

まだ鉛筆もしっかり持てない彼女は
絵を描くような感覚で字を書いていきます。

当然文字の大きさもバラバラですし、
子ども特有の逆さ文字になったりもします。

いまは字が書けることが楽しいらしく、
いろんな手紙を書いてくれるのですが、
解読するこちらは結構大変だったりします(笑)

 

 

しかし、春から小学校に行くとなると
きちんと書くことも覚えないといけません。

そこで、横から書き順について少し口出しをすると
突然スネてしまいました。

確かにいままで自由に描けていたのに
急に制約を与えられると嫌になったんでしょうね。

 

●書き順と指使い

 

ひらがなにしてもカタカナにしても
漢字にしても、
われわれは書き順をある程度意識して
文字を書いていると思います。

書き順を意識することで
きれいに書けるからです。

 

世界の中で字をきれいに書くという
意識を持っているのは日本人だけ
という話を聞いたことがありますが、
それができるのはこの書き順が
あるからなんですね。

 

 

これがピアノの場合は指使いになります。

 

指使いは後の時代の人が
考えたものが多いらしいんですが、
その指使いを守ることで
効率よく腕を運ぶことが
できるようになります。

確かに指使いを無視して
適当に弾いている人の動きというのは
近くから見ていてもかなり不自然で
バタバタした感じに映ります。

 

●基本はみんな同じ

 

仕事においては体力・体調というのが
最も基本的になるもの。

ひらがな文字を書くときには書き順、
ピアノを弾くときには指遣い、
何をするにおいても基本的なことを
きちんと押さえていくことが
大切なことです。

 

体調不良になってしまった
我が身を反省するとともに、
もう一度基本を見直したいと思います。

皆さんは体調、書き順、指使い、
その他基本的なところを見落としてたりしませんか?

一度チェックしてみましょうね。

 

—-

 

いまはじめなきゃ絶対損!?

なんと初月の月謝が無料になっちゃう
超スペシャルなキャンペーンを実施中!

あこがれていた楽器を始めるチャンス到来!気になった方は、まずはこちらの記事をチェックしてください!

第2回 まちゼミin三田

11月30日まで、三田のいろんなお見せでいろんなことを学べるチャンス!

気になった方は、まずはこちらの記事をチェックしてください!

★毎日発行メルマガ「音楽で、この町の笑顔を増やします。」発行中!登録してくださいねー

楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回
お届けします!

PCでご覧の方はこちらを クリックしてください♪

子供の楽器から大人の鍵盤楽器へと
進化した鍵盤ハーモニカの可能性に
触れてみませんか?
体験会参加者募集中です!


詳しくはこちらを
クリックしてください♪

鍵盤ハーモニカのクリーニングはこちらをご覧ください

 

2019年の動画(85本目標!)
◆チャンネル登録1000人!ありがとうございます!~お礼とこれから~(127/85)

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。

 - 練習について, ピアノのこと, 考えていること