気持ちのいいエコー、よくないエコー

   

vol.1165

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。

おはようございます!

 


 

平瀬楽器ではただいま秋の個人レッスン

入会キャンペーン実施中です!

11月末日までにご入会の方は、
なんと初月のお月謝が無料になるという
スペシャル企画!

毎年多くの方にお喜びいただき、
レッスンを始めていただいています。

この機会に、
あなたも音楽はじめてみませんか?

 


 

お店によって気持ちの良いエコーと
あまり気持ちの良くないエコーがあるように
感じるけど、あれって何なの?

知り合いからこんなことを言われました。
今日はこれを説明したいと思います。

 

●実は音楽用語ではありません

 

この「お店」というのは、
おそらくカラオケボックスやカラオケスナックの
ことだと思います。

要はお店によって気持ちよく歌えるかどうかが
違ってくるのはなぜ?という話ですよね。

 

 

まず大前提としてエコーという言葉。

実はこれは音楽用語ではなくて、
カラオケで使われるコトバなんです。

おそらく山びこのように聞こえる
という意味で「エコー」というコトバが
一人歩きしているんだと思います。

 

●気持ちよく歌える

 

共通認識として、エコーがかかっていると
気持ちよく歌える、というか
上手になった気がする、というのがあります。

 

しかしこの「上手になった感じ」というのは
人それぞれ違うわけです。

 

深~いエコーが好きな方もいらっしゃいますし
細かいエコーが好きな方もいらっしゃいます。

 

もっとマニアックなことをいうと、
自分の歌声だけではなく音楽にも
軽くエコーがかかっているのが好み
なんて方もいらっしゃいます。

 

それらを全部まとめて気持ちよくさせる
なんてことは物理的に無理なんです。

 

●気持ちの問題

カラオケボックスやカラオケスナックなど
いろんなお店がありますが、
それぞれ機械の性能も違いますし、
マイクの種類も違います。

当然エコーの設定だって違うわけです。

 

つまみをひねればエコーがかかる、
とっても簡単な仕組みではありますが、
そこはやはり自分の気持ちの良いエコーの量
というのを探っていただく必要が
あるのかなと思います。

 

エコーがかかっていれば何でも気持ちがいい
なんてうまくはいきません。

 

逆にいうとその気持ち良さがお店によって
違うということがわかってらっしゃる方は
ご自身の気持ちの良いポイントを探せる
ということだと思います。

 

もし機械を触らせてもらえるのであれば、
エコーのつまみを触ってみてください。

で、ご自身の1番気持ちの良いポイントを
見つけてもらえればいいんじゃないかなと思います。

 

これは数値やノウハウではなく感情の話です。
ご自身で見つけていただく必要があります。
ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

 

—-

 

いまはじめなきゃ絶対損!?

なんと初月の月謝が無料になっちゃう超スペシャルなキャンペーンを実施中!

あこがれていた楽器を始めるチャンス到来!気になった方は、まずはこちらの記事をチェックしてください!

★毎日発行メルマガ「音楽で、この町の笑顔を増やします。」発行中!登録してくださいねー

楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回
お届けします!

PCでご覧の方はこちらを クリックしてください♪

子供の楽器から大人の鍵盤楽器へと
進化した鍵盤ハーモニカの可能性に
触れてみませんか?
体験会参加者募集中です!


詳しくはこちらを
クリックしてください♪

鍵盤ハーモニカのクリーニングはこちらをご覧ください

 

2019年の動画(85本目標!)
◆弦の太さとバラ弦について(114/85)

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 音響, マイク