感謝の気持ち

   

vol.1108

 

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

5月の連休明けから約3カ月間の練習を経て、
昨日・一昨日とお芝居の本番の公演を
無事終えることができました。

サポートいただいた皆様、
本当にありがとうございました。

 

●教わったこと

 

これまでに何度も書いていることですが、
約10年ほど前に演劇と出会い、
ここでお芝居に関するいろいろなことを教わりました。

しかし教わったことの中で最も大きかった事は、
テクニックではなく感謝の気持ちだったんです。

 

舞台の照明がつくのを当たり前だと
思ってはいけない。

マイクで音を拾ってくれるのも
当たり前ではない。

 

皆さんがきちんと動いてくださるからこそ
できているんだという、
本当に初歩の初歩の部分を
演劇の稽古場で教わりました。

スタッフさんに助けられて公演ができている
というのを毎回感じさせてもらっていますし、
それを共有できている仲間だからこそ
劇団が続けられるのかなと思います。

 

●感謝の気持ち

 

弊社の経営指針書には行動理念のページがあります。

そこには、

感謝の気持ちを表すことのできる子供たちに
育ってもらいたい

という一文があります。

 

自分自身は演劇というフィールドで
このことを教わりましたが、
音楽でもそれは可能なんじゃないかなと思います。

 

音楽も演劇も同じホールを使って行う芸術です。

演劇でできて音楽でできないわけは無い、
そう思うんです。

 

 

音楽でもステージは
勝手に進行するわけではありません。
多くの人たちに支えてもらって進むんです。

日ごろの練習だって、
ご家族や先生のサポートがあってこそ
できていることなんです。

その辺を感じてもらえるような子供たち、
そしてそのことでありがとうと言える、
感謝の気持ちを表すことができる子どもたちに
育っていってもらいたい、

そういう思いが込められています。

 

 

この夏の芝居は自分自身が表に出る
貴重な機会だからこそ、
感謝の気持ちを多くの人に伝えていきたいなと
思います。

本当にお世話になりました。
ありがとうございました。

 

 

★毎日発行メルマガ「音楽で、この町の笑顔を増やします。」発行中!登録してくださいねー

楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回
お届けします!

PCでご覧の方はこちらを クリックしてください♪

子供の楽器から大人の鍵盤楽器へと
進化した鍵盤ハーモニカの可能性に
触れてみませんか?
体験会参加者募集中です!


詳しくはこちらを
クリックしてください♪

鍵盤ハーモニカのクリーニングはこちらをご覧ください

 

2019年の動画(85本目標!)
◆ヤニってピアノの査定に影響するの?(89/85)

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 経営指針