記録が自信につながるって?

   

vol.1104

 

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!
毎月定期的に病院に通っています。
血圧が高いらしいので通っているんですが、
病院に行って図ってもらうことよりも
大事なことってあるんですね。

 

●血圧手帳

 

血圧患者の人たちに共通して持たされているものがあります。

それは血圧手帳。

毎日の血圧の動きを記録するための専用の手帳です。

血圧以外にも、心拍数や体重なんかも記録することができる
便利な手帳なんです。

 

病院に行ったときに血圧を測ってもらうだけではなく、
日頃の血圧の動きを記録することで
先生がより詳細に判断できるんです。

 

この記録がかなり大切なんですよね。

 

●記録って自信になる

 

体重にしても血圧にしても、何でも同じだと思うのですが、
目標の値に向けて動くときって
きちんと記録をつけていくことって
かなり大切なことなんです。

 

で、その数値と目標の値との間の差を
どうやって埋めていくかを考えることが
いちばん大切なことなんですよね。

 

目標もなくただただ数字を追いかけていても
その数字はどこにも向かいません。

 

もし目標が設定されていたとしても、
現時点での数字を把握していないと
その差が見えないことには
どんな行動を取るべきなのかがわかりません。

 

記録は記録で大切なのですが、
大切なのは次の行動をどう取るかだということですね。

 

 

血圧、体重、その他に
なにか記録できることってありませんか?
たとえば日々の練習の記録とか。

きちんと記録すればきっとプラスに働くはず!
ぜひ上手に活用してくださいね!

 

 

★毎日発行メルマガ「音楽で、この町の笑顔を増やします。」発行中!登録してくださいねー

楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回
お届けします!

PCでご覧の方はこちらを クリックしてください♪

子供の楽器から大人の鍵盤楽器へと
進化した鍵盤ハーモニカの可能性に
触れてみませんか?
体験会参加者募集中です!


詳しくはこちらを
クリックしてください♪

鍵盤ハーモニカのクリーニングはこちらをご覧ください

 

2019年の動画(85本目標!)
◆ヤニってピアノの査定に影響するの?(89/85)

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。

 - 練習について