五線や音符は便利なコトバなのです

   

vol.1061

 

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 
教室のピアノって使用頻度が高いので
調律の頻度も高いんです。

当然ですが壊れる頻度・調子が悪くなる頻度も
高いわけです。

 

●メモ

 

昨日は店番をしてる時に、
ある先生からこんなメモを渡されました。

 

この部屋の、この辺りの鍵盤の調子が悪いので
見ておいてほしいという依頼でした。

 

教室に限らず一般家庭の調律に伺った時でも
鍵盤の調子が悪いとか、
このあたりの音が気になるとかいう話は
少なからず聞く事があります。

しかしその伝え方は人それぞれで、

真ん中のちょっと上のドの音、とか

上から2番目のシの音、とか

まぁとにかくいろいろなわけなんです。

 

で、その色々だからこそ
きちんと伝わらないことも少なくないわけなんです。

 

 

●これなら大丈夫

 

その点、この伝え方であれば
非常にわかりやすいんですよね。

ぱっと見てどのあたりの音をさしているのかが
分かります。

勘違いのしようもありません。

 

こういうのを見ていると、
五線や音符というのはコトバなんだなーというのを
つくづく感じます。

 

●楽譜が読めないということは

 

楽譜が読めないという方は結構いらっしゃいます。

 

楽譜は読めないけどレッスン通っていいんですか?

なんて方もいらっしゃいます。

 

 

楽譜は音楽をするために使う言葉ですので
音楽をしていないのに楽譜が読めるという方は
結構マレだと思います。

例えば、英語は全然使わないのに
英語が読めませんなんてのは普通ですよね。

使わないんだから読める必要はありません。

逆に使うようになってから
読めるようになればいいだけの話です。

 

しかし音楽に関していうと、
音符が特殊な記号のような感じに
受け取られているような気がします。

 

音楽用語は音楽の言葉です。

知っておくと非常に便利なコトバです。

 

音楽をやっている人たちだからこそ伝わる
共通の言葉というのは、その環境では大切なものだと
思います。

 

これから音楽を始める人は、
少しずつ音楽のコトバに慣れていってください。

 

そして、音楽をやっていても
楽譜や音符がニガテという方は、
ぜひそこらへんの苦手意識を払拭して
もらいたいなと思います。

 

で、共通のコトバだからこそ伝わる便利さを
感じてもらいたいなって思います。

 

 

 

★毎日発行メルマガ「音楽で、この町の笑顔を増やします。」発行中!登録してくださいねー

平瀬楽器オリジナル春のキャンペーン実施中!くわしくはHPをご覧ください!

平瀬楽器のLINEに登録してください♪ おとなのケンハモ体験会開催します!

楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回
お届けします!

PCでご覧の方はこちらを クリックしてください♪

子供の楽器から大人の鍵盤楽器へと
進化した鍵盤ハーモニカの可能性に
触れてみませんか?
体験会参加者募集中です!


詳しくはこちらを
クリックしてください♪

鍵盤ハーモニカのクリーニングはこちらをご覧ください

 

2019年の動画(85本目標!)
◆コレ、なーんだ?(3点吊りマイク)(72/85)

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。

 - 楽譜のこと