そばで楽譜が読めるようになる?

   

vol.991

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

 

今朝の嫁様ブログ、なかなか興味深いことを書いていましたね。
ご覧になられましたか?

 

●視唱

 

楽譜をパッと見ただけで読める・弾ける・演奏できる、
というのはある種の理想です。

でも、なかなかいきなりそんなことはできません。

しっかりとした準備(下積み期間)があるからこそ、
総合的な力がついてきて、
ある時から急に楽譜を見たらスラスラ読める、
スラスラ弾けるっていう状態になるんです。

 

個人的にはわりとこの初めて見て演奏をする
(初見演奏っていいます)が苦手ではないんです。

それは何故かと言うと、昔から音階練習を
めちゃくちゃたくさんしてきたから、、
って、これまでは答えてきてたんですが…

でも、もしかしたらそれだけではないのかも
というのを今朝のブログを読んで感じたんです。

 

 

●そば

 

高校の頃、吹奏楽器を習っていました。

その時の先生が結構スパルタな方で、
音階練習を始めとした厳しい練習を日課に
与えられていました。

いまとなってはそれが基礎力につながっているのが
よくわかるのですが、そのときは本当に嫌で嫌で
仕方なかったんです(笑)

ピアノでいうハノンのような練習をひたすらさせられ、
少しずつテンポを上げ、
少しずつ難度を上げ、
まぁ本当に地味な練習でした。ひたすら嫌でした(笑)

 

で、その先生がよく練習で取り入れていたのが、
楽譜に勝手に歌詞をつけて歌うという練習法。

 

まずは最初にある程度楽譜が読めているというのが
条件なのですが、音名ではなく言葉でやることで、
音符のリズムやフレーズを考えて練習することができるんです。

 

きみといっしょに あのそばをたべよう〜♪

 

とか

 

そばをつくるぞ たくさんのそば〜♪

 

とか、本当に勝手に作った歌詞を勝手に乗っけて歌うことで
楽譜を読む練習になるんです。

歌詞にそば率が高いのは先生がそばが好きなだけで、
別にそばがオススメというわけでありません(笑)

 

 

楽譜を見て練習をする、という行為に
正解も不正解もありません。
どのように取り組めば効率よく読むことができるかを考え、
歌詞を乗せたり、音名で読んだり、色んなスタイルで
やってみるのもいいと思いますよ。

どうせなら楽しく取り組んでみてくださいね!

 

 

平瀬楽器オリジナル春のキャンペーン実施中!くわしくはHPをご覧ください!

平瀬楽器のLINEに登録してください♪ おとなのケンハモ体験会開催します!

楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回
お届けします!

PCでご覧の方はこちらを クリックしてください♪

子供の楽器から大人の鍵盤楽器へと
進化した鍵盤ハーモニカの可能性に
触れてみませんか?
体験会参加者募集中です!


詳しくはこちらを
クリックしてください♪

鍵盤ハーモニカのクリーニングはこちらをご覧ください

 

2019年の動画(85本目標!)
◆チェロとピアノ、姉妹の店頭ミニコンサートその③「シャンデリア」(44/85)

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 練習について, 音楽について, ヒラセトモキのこと