あの楽器はメンテナンスをしなくてもいい!?

   

vol.987

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

ある先生から

「この音、なんとかならないかなぁ」

とご相談を受けました。

 

●チューニング

 

その楽器というのは鍵盤ハーモニカ。

え?鍵盤ハーモニカにチューニング?って
思われた方も多いかもしれないのですが、
実は鍵盤ハーモニカって
かなりピッチがくるいやすい楽器なんです。

 

同じようにチューニングが必要な楽器で
代表的なものにピアノがあります。

ピアノの場合は調律師がチューニングを
担当します。だいたい年に一度程度の
チューニングを行うのが一般的ですよね。

じゃあ、鍵盤ハーモニカはどうなのでしょうか?

 

実は一部の高級機種に限るのですが、
鍵盤ハーモニカのチューニングは
各メーカーの工場でやってくれるんです。

でも、一般的な機種については
そのようなサービスがないというのが実情です。

 

●ピッチ

 

先日、備品で鍵盤ハーモニカを
持ってらっしゃるある保育園に
楽器のチェックに伺わせていただきました。

約30本ほどの鍵盤ハーモニカをチェックさせて
もらったのですが、
最終的には3割くらいの楽器が要修理と
なってしまっていました。

 

 

鍵盤ハーモニカという楽器はとても良く出来ていて、
鍵盤が動かないとか、
鍵盤が折れているとか、
何故か息漏れするとか、
なんていう修理が発生することはほとんどありません。

 

たいていは音程が悪い→音の出るリードという
パーツの交換、で、済んでしまいます。

 

簡単といえば簡単なのですが、
チューニングの必要がない(出来ない?)楽器
というイメージはここら辺りから
付き始めているのかもしれません。

 

でも実際にはメンテナンスフリーではなくて、
なんらかの手入れは絶対に必要なんです。

そのために、年に1~2度程度のクリーニングは
とってもオススメ。

音程がひどいときにはその修理の提案も
させていただいていますし、
気持ちよく使っていただけるような助言も
させてもらっています。

 

どんな楽器でもお手入れって必要です。

これは大丈夫、なんて思い込みは
絶対しないでくださいね!

 

 

平瀬楽器オリジナル春のキャンペーン実施中!くわしくはHPをご覧ください!

平瀬楽器のLINEに登録してください♪ おとなのケンハモ体験会開催します!

楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回
お届けします!

PCでご覧の方はこちらを クリックしてください♪

子供の楽器から大人の鍵盤楽器へと
進化した鍵盤ハーモニカの可能性に
触れてみませんか?
体験会参加者募集中です!


詳しくはこちらを
クリックしてください♪

鍵盤ハーモニカのクリーニングはこちらをご覧ください

 

2019年の動画(85本目標!)
◆ブーム式をストレートにする動画(マイクスタンドの話)(42/85)

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。

 - 楽器のお手入れ