歴史を知って響きを知ろう

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです
おはようございます!

今日は待ちに待ったベヒシュタインセミナーでした!

 

●ベヒシュタイン

 

「ベヒシュタイン」というピアノメーカーはご存知ですか?

ドイツはベルリンで古くからピアノづくりをしている
伝統的なメーカーの一つで、
スタインウェイ、ベーゼンドルファーとならぶ
世界三大ピアノメーカーの一つに数えられています。

 

そんなベヒシュタインとご縁ができまして
今回楽器をお借りすることになり、
本日は多くの方にお越しいただいてセミナーを
開催することができました。

 

 

●何が違うの?

 

スタインウェイというピアノは皆さんよくご存知だと思います。

でも、ヤマハやカワイと何が違うの?って聞かれると、
きちんと説明できる人ってあまりいらっしゃらないんじゃ
ないでしょうか。

ホールにたくさん入っているから、
値段が高いから、
きっと良いピアノなんだろう、みたいな
刷り込みがあるのかもしれません。

 

でも、それってものすごく表面的な理由なんですよね。

 

なぜそのピアノが高いのか。

なぜそのピアノが選ばれるのか。

なぜこんな音が鳴るのか。

 

 

そんなことを学ぶセミナーでした。

 

●歴史

 

 

セミナーはピアノの歴史の説明から始まりました。

1700年代にバルトロメオ・クリストフォリが
ピアノの原型を作り、そこからいくつかの流れを経て
フランス・イギリス派とドイツ派に分かれることになりました。

 

戦争が起こり、ピアノメーカーも勝利国の統治下に置かれ、
その後紆余曲折を経て今に至る、という内容。
ざっくりいうとこんな感じでした。

 

ピアノの響きや秘密を学ぶのに歴史なんて
必要ないんじゃない?って思われる方も
多いかもしれませんが、特にヨーロッパに於いて
戦争というファクターは必要不可欠。

戦争を軸にして考えるとわかりやすく変遷を
追えますし、その変遷の中にピアノの進化が
あったんです。

 

そのあたりの説明がとてもわかり易い
中身の濃いセミナーでした。

 

もしかしたらちょっと難しかったかなぁと
心配していたのですが、
ご参加いただいた方々にもご高評をいただけた様子でしたので
ホッとしています。

 

いろんなセミナーはありますが、
今日のようなアカデミックな内容のセミナーも
これから開催していきたいなーと思っています。

歴史を知ることで音も知る。
奏法だけでなく、こんなことも学んでいきましょう!

 

平瀬楽器のLINEに登録してください♪
楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回お届け!

PCでご覧の方はこちらを
クリックしてください♪
The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - ピアノのこと