横に立つ、ということ

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

昨日、一昨日、劇団やる気のミュージカル「回転木馬」の本公演でした。
いやー、つかれましたー

 

●子どもたちのポテンシャル

 

 

公演は大入り満員で無事終了。

終了後、大人のメンバーは打ち上げにGO!ということに
なりました。

 

そこで舞台監督さんとお話をしてて、
いろんな気付きがありました。

まー、お話と言っても叱咤なんですが(汗)

 

 

要は、我々の子どもの扱いが甘すぎる
ということで怒られたわけなんです。

 

子どもを甘やかすのはカンタン。
でも、しっかり目線を合わせてしっかり話すことが
できれば、子どもはちゃんとやるはず。

多少転んだって骨なんかなかなか折れないし、
新しいことをどんどん覚える。

子どものポテンシャルをなめたらあかんよ。

 

そんなことを言われました。

 

●横に立つ

 

ミュージカルの共演者である子どもたちへの対応は
確かに甘かったかもしれません。

「我々の作品に出てくれたお客さん」のように
扱ってしまっていたのかもしれません。

だから一部の子どもは若干増長して
わがままになってしまっていたのかもしれません。

それが当たり前の子どもの姿だと
思いこんでしまっていたのかもしれません。

 

しかし、きちんとやる子はやるんです。

これは関わり方次第なんでしょうね。

 

 

うちの会社の行動指針のひとつに

「横に立つ」というのがあります。

 

目線を合わせて同じ景色を見ることで
その人の気持ちを汲み取れるように
なろうというような意味です。

今風に言うと「寄り添う」という言葉になると
思います。

 

この寄り添い方を誤ったのでこんな事に
なってしまったんでしょうね。

もしかしたら子どもたちは
もっともっとできたかもしれません。

その目を摘んでしまったのは
おとなの我々だったかもしれません。

 

寄り添い方の大切さ、関わり方の大切さを知らされた
大変貴重なお説教でした。

学ばせてもらいました。

実感!

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 未分類