緊張と場馴れ

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

昨日は地元のラジオ局に伺ってきました!

 

●ラジオ出演

 

伺ったのはハニーFMと言う地元の
コミュニティーFM。

ただ遊びに行ったのではなく、今取り込んでる
芝居のPRのために出演をさせていただいて
きました。

ぼくの他に出演者はあと2人。
バランスよくお話ができるように司会者の方が
話題を振っていただいたのですが、ここに経験というか
度胸というか、そういうものを感じてしまう
瞬間がありました。

 

●慣れと度胸

 

ぼくは趣味でもネットラジオやってる関係も
あるため、ラジオ自体には緊張はしません。
言葉遣いだけは気にしつつ、普段と同じような
テンションで望めたと思います。

もう1人の若い女の子は普段から全然物怖じしない
タイプ。

いつものようにハキハキとした声で
受け答えをしてくれました。

最後にもう1人一緒に出た人は少しお姉さんなのですが
完全ガチガチ緊張モード。

目の前にあるマイクに向かっているにも関わらず、
かなり小さな声で話をされていました(笑)

 

●緊張はダメじゃない

 

緊張することが悪いことではありません。
なので彼女がダメってわけではありません。

しかし、こういうものはなによりも場慣れが
必要なんだと思います。

 

緊張は誰でもします。
どれだけ練習をしていたとしても、その場の空気に
飲み込まれることもあります。

これはやはり場馴れしかありません。

 

●人前での演奏

 

人前で演奏する時も同じです。

コンクールや発表会で緊張しないようにするためには
コンクールや発表会に出続ける事が必要です。

ただ、出続けることでも緊張自体はなくなる事は
ありません。

問題はその場の空気に飲み込まれるか・飲み込まれないか
です。

物怖じしない心を持つためには、おそらくきっとそういう
場での慣れ感が必要なんでしょうね。

 

音楽の場合は人前で演奏することが目的の1つになります。

であれば、ほんの小さな場であったとしても、
人前で演奏する機会をどんどん意識的に作っていくことが
ひいては大きなホールでの演奏につながるのかな、と
思ったりもします。

まずは小さい人数でのホームパーティーなどから
はじめてみてもいいかもしれませんね。

まずは一歩目から!

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 練習について