100年持つためのヒケツ

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

ピアノって何年くらい使えるんですか?という感じの
問い合わせをしょっちゅういただきます。

いつも「100年ぐらい使えますよ!」と
お答えするのですが、これって本当だと思いますか?

 

●ずっと修理ができる

 

よくお話しするときに引き合いに出すのは
ヤマハというメーカーのこと。

ピアノの設計は全世界中で基本的に共通ですので
仮にヤマハというメーカーが倒産したとかで
部品が手に入らなくなったとしても、
どこかのメーカーから部品が手に入れば
修理が可能なんです。

 

なので、ピアノ自体はおそらくずっとずっと
修理することができる楽器なんですね。

これがエレクトーンとか電子ピアノにはない
強みだと思います。

 

しかし、これはあくまでも修理ができるというだけで、
長く使うためには別の条件があるんです。

 

 

●新しくてもボロボロ?

 

ちょこちょこ寄せてもらう中古ピアノ業者さんの
大きな倉庫があります。

先日もそこでいろんなピアノ見てきたのですが、
新しくてもボロボロガタガタのものがあります。

逆に古くても全然良い状態のものがあります。

この違いって何なのかなぁとピアノをじっくり見ていると、
どうやら調律を定期的にきちんとやっているものは
古くても状態がいいんですね。

逆に新しくても調律してないピアノはガタガタだったりします。

 

●条件

 

「ピアノは100年以上持つ」といっても
やはり日ごろからのお手入れを
きちんとやっているのが条件になります。

 

この場合のお手入れというのは、
定期的な調律はもちろんのこと、日々の練習もそうです。

とにかく日ごろから手をかけてあげること、
これが多分長持ちのヒケツなんだと思います。

 

ちょうど家でも車でも全然使ってないものって
傷みが早いじゃないですか。

それと同じなんでしょうね。

 

大切な楽器ですから、なるべく手をかけて
使っていってください。

 

きっとそれが100年もつ第一歩だと思いますよ。

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪

 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

 - 調律のこと, ピアノのこと