すばらしいおんがく

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

昨日は発表会だったんですが、
ちょっといつもと毛色の違う発表会でした。

 

●いわゆる発表会

 

発表会というと、どんな絵を想像されますでしょうか?

 

ステージにピアノやエレクトーンがあり、
交代で出演者が出てきて演奏をする。

たまに連弾なんかもあったりして、
みたいな感じが一般的なのかなと思います。

 

昨日の発表会はピアノもエレクトーンも
ありましたし、連弾もありました。

 

トロンボーンやサックス、フルート、
クラリネットなどの管楽器の演奏もありました。

 

バラエティに飛んだ発表会だったのですが、
この日のメインはちょっと違ったんです。

 

 

●障害を持った子どもたち

 

10年ほど前から障害を持った子どもたちの
指導をしてくださっている先生がいらっしゃいます。

その子達になんとか発表の場を作って
あげられないか、と考えて4年前から始めたのが
この発表会。

 

 

障害と一言で言っても状態は様々です。

 

人の話を全然聞けない子、声が出せない子、
落ち着いて座っていることが出来ない子。

 

そんな一人ひとりに対して対応を考え、
コツコツ積み重ねてこられたのが
今回の発表会の主催者の先生でした。

 

当然うちのお店もなにかの形で協力を
させてくださいということになり、
毎年共同開催的な形の発表会をさせてもらっています。

 

 

●弾けない・歌えない

 

当然ですが、障害を持った子どもたちの
指導には時間がかかります。

 

信頼してもらうところから始め、
少しずつピアノに向かったり、
打楽器に向かったりする時間を作り、
発表会で披露する曲を仕上げていく。

その努力は並大抵のものではないと思います。

 

 

 

そんな子どもたちがピアノを弾いたり、
伴奏に合わせて歌を歌ったり、
ドラムを叩いたりする姿はとってもステキでした。

 

 

コンクールで難曲を弾くことも
もちろん素晴らしいことなのですが、
こっちの方向にも素晴らしいことがある。

 

ちょうど一週間前の今日、コンクールの裏方を
していましたので余計にそれを感じました。

音楽の懐の深さを感じることが出来ました。

 

 

 

 

発表会を終えると先生はクタクタな
ご様子でしたが、早速来年の発表会を見据えて
動き始められることでしょう。

 

熱意ある先生に感謝。

そしてご理解いただいている
ご家族の皆さんに感謝。

 

とてもあたたかい発表会でした。

 

関われたことに感謝、です。

 
 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪

 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

 - 発表会