よりよい本番を作っていこう

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

昨日は所属している楽団の定期演奏会でした。

長らく練習に行けてないので
残念ながらプレイヤーとしてではなく
お手伝いとして参加でした。

 

●いきなりの依頼

 

現場に行って、進行表をもらい、
ザクッとした打ち合わせをしてリハーサル、

というのがいつもの流れなのですが、
昨日はちょっと違いました。

 

というのも、
映像を出す業務を依頼されたんです。

 

映像を出すと言っても
プロジェクターに繋いだパソコンを
操作するだけなのですが、
音楽とリンクして動かさないといけないので
誰でもできるという作業ではありません。

 

ホールのスタッフさんも百戦錬磨ではありますが、
これは嫌がる仕事です。

だって、ミスしちゃいそうですもん。

 

 

 

●バックアップ体制

 

否応なくそのお役目を引き受けることになり、
操作を教えてもらい、あとはリハーサルの
始まるのを待つばかり。

 

ヒマな待ち時間は
ホールのスタッフさんと談笑をしてました。

 

そのときに、
演奏団体のステージ管理の甘さについて
いろいろと伺いました。

時間管理がアイマイなのは当たり前として(笑)

演出も願望みたいな感じでふわっと依頼
されることもあるそうで、
どうしたらいいかわからん!って
なることも多いんだそうです。

 

「でも、我々(舞台スタッフ)は
仕事としてをそれを受け、
現実にするために努力をするもんだから」

っておっしゃってて、
かっこええなぁ~と思っちゃいました。

 

ま、厳しいことも言わはるんですけどね。

 

 

●なんとかなる

 

昨日の本番もいろんなトラブルやハプニングが
ありました。

でも、それもこれもスタッフさんのパワーで
無事何もなかったように乗り切って終了。

プロジェクターの操作も特に問題なく終了。

 

 

結論。なんとかなっちゃうんですよね。

 

まぁ、でも毎回の本番ごとに、
甘える部分は甘え、

頼る部分は頼り、

自分たちでしっかりしないといけない部分は
把握して臨むことができれば、
きっといい本番ができると思います。

 

毎回の本番をステップに、
より良い本番を作っていきましょう!

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪

 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

 - イベント開催ノウハウ, イベント屋