100年経っても大丈夫!?

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

「ピアノってどれくらい持つんですか?」

「どれくらい使えるんですか?」

 

こんな質問をいただく機会が結構多いんです。

 

●シチュエーション

 

質問をいただくときのシチュエーションは
大きく分けて2つ。

 

電子ピアノと生のピアノの比較で
悩んでらっしゃるお客様と、
中古ピアノを購入される予定のお客様。

 

どちらのシチュエーションでも、
どれくらい使えるかってかなり大切なことですよね。

 

 

電子ピアノやキーボードという楽器は
ざっくりいうと「家電」です。

 

テレビや冷蔵庫の使用年数を考えてもらえれば、
どれくらい使えるかはわかるのではないでしょうか。

 

それに比べてピアノは生の楽器。

きちんと手入れさえすれば何十年と
使っていただけます。

100年なんてことも言ったりします。

 

でもそれは決してオーバーな表現ではなく、
100年前のピアノでも現役で使っているものもあるんです。

やっぱりそれはきちんとした手入れが
行き届いていたから、ということなんです。

 

 

●長持ち

 

生のピアノはかなりの長持ちです。

 

ただし、買ってそのままにしておくとだめなんです。

 

家も人が住まなくなると急に傷みだすのと同じで、
手入れをしないとピアノは一気にガタガタになります。

 

調律がくるうのは当たり前として、
鍵盤の動きが悪くなったり、
弦やその他の金属部品が錆びてしまったりします。

 

もちろんそれは置いている環境によって
左右されるので、たとえ毎年調律をしていたとしても
影響は受けます。

 

でも、きちんと手入れさえしておけば
対応する余地はあるんです。

 

それを全くせずに放置すると、
後でえらいことになってしまいます。

 

 

●別の面から

 

先日、提携している中古ピアノ業者さんの
倉庫に行ったときのことです。

 

古くてもしっかりしているなぁと感じた
ピアノの多くはきちんと定期的に
調律されていた記録が残っていました。

 

一方、表面的には美しいのに、
いまいちパッとしない音色や音質のピアノは
調律がされていないことが多いんですよね。

 

 

買った直後に売ることを考える人は
ないと思いますが、
売るときにもこういう面って重要に
なってきます。

 

定期的なお手入れをすることが
楽器の寿命につながります。

 

少し、いや、かなり
意識してもらってもいいくらいだと思います。

ぜひ頭のスミに置いといてくださいね。

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪

 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - ピアノのこと