年代と音色の関係

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

昨日の質問はまだまだ続きます。

同じ機種のピアノでも年代によって
違いはあるんですか?

それと、カンカンケンケンした音は
あまり好きじゃないんですけど、
それも年代に関係するんですか?

 

よし、それじゃお答えしましょう!(笑)

 

●年代の問題

 

おそらくどのような工業製品でも製造番号を調べると、
いつ頃に作られたものなのかということが
わかるようになっています。

 

これはピアノも同じ。

ピアノの場合は製造番号と品番がありますので、
おそらくヤマハ・カワイだけではなく、
他のメーカーでも把握することができるハズです
(ちょっとこの辺アイマイでごめんなさい)。

 

 

で、ピアノですが、実は同じような品番であっても
年代によって微妙に違っている箇所があったりします。

まずひとつめはペダルの本数です。

アップライトピアノの場合は昭和48年前後から、

グランドピアノの場合は昭和50年前後から

2本ペダルから3本ペダルになりました。

 

これは単純にいろいろな奏法ができると言う事
ですので、やはり3本ペダルのものをオススメするように
しています。

 

 

他には細かいことですが、
例えばグランドピアノの場合、
C3という同じ機種であっても年代によって
微妙にサイズが違ったりします。

 

それはその時代のデザイナーさんの考え方ですので
それがいいとか悪いとかそういう事はありません。

ただ、カバーを購入される際には要注意。
うまくはまらない場合もあります。

 

●音色の問題

 

ケンケンした音色、カンカンした音色、というと
あまりいい印象がないかもしれません。

 

これを置き換えるとしたら「華やかな音色」
になります。

 

ヤマハの楽器は相対的に落ち着いた音色
と言われています。

一方カワイがどちらかというと
華やかな音色と言われています。

 

ただそれはあくまでもざっくりしたイメージです。

 

年代で考えると、
同じヤマハのピアノでも、
古いものはこういったケンケンした音色に
なりがちです。

 

これはおそらく当時の音色の好みというのも
あるのかもしれませんが、
使っている部品の経年変化によるものが
大きいと思いますので、
手入れをしていけば音色は変わっていきます。

 

ただ、音色というのはその楽器が
持って生まれたものですので、
大きく変えることは難しいと思うんです。

 

ですので、なるべく色々な年代のもの、
色々なメーカーのものを触って、
自分好みの一台をお探しになるのをオススメします。

 

次は音色についてお話できればいいなと
思っています。

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪

 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - ピアノのこと