ハノンっておもしろい?おもしろくない?

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

古典的なピアノの教材「ハノン」ってご存知でしょうか?

ピアノ少しでも経験されたことのある方でしたら
おそらく1度は通ってきた道だと思います。

逆に、ハノンを全然触らずに
ピアノをやってこられた方っていうのは
日本人では少ないんじゃないかなと思います。

 

それぐらい古典的な教材なんですが、
これがなかなかおもしろくない(笑)

 

でもおとなになって眺めてみたときに、
「おもしろくない」だけではない感情って
ありませんでしたか?

 

 

●目線が変わる?

 

昨日同友会の運営委員会に出席していました。

会議中にぼんやりと資料を眺めていたのですが、
これってとってもいい表だなぁということに
気が向きました。

 

別に昨日突然出てきた表ではなく、
これまでも全く同じものを見ていたはずなんですが
自分の感覚が違ったんでしょうね。

 

その時は何とも思わなかったのに、
今になってみるとめちゃめちゃ便利!みたいに
見えてくるというのは、
自分の考え方が変わってきたことや
目線が変わってきたということなのかもしれません。

 

●楽しいとか楽しくないとか

 

ハロンというのはいわゆる指のお稽古です。

子供の頃はただただ無機質に指を動かす練習が
おもしろくありませんでした。

他の曲集の方がよっぽど楽しいわけです。

 

しかし、おとなになってからハノンを見てみると、
その練習の意味がわかってきます。

 

指の練習をしておかなければいけない
意味がわかってくるわけです。

 

そういった視点から見たあのハノンという教材は
ちょうど100本ノックのようなもので、
これはこれで意味があるよなーとも思います。

そうなると、
取り組む姿勢もずいぶん変わってくるんじゃ
ないかなとも思います。

 

●考えられるようになった

 

その他の教材でも同じだと思うんですよね。

ハノンだけでなく、伝統的なものも新しいものも
いろんな教材がありますが、
これはこういう意味があって練習してるんだろうなぁと
考えられるのはおとなになってからです。

 

そういうことを考えて取り組んでみると、

出てくる成果も違うのかもしれません。

 

逆に言うと、子どもの頃からそういうことを
少しでも伝えていくことって大事なのかなとも思います。

 

自然と目線が上がるのを待っているのではなく、
多少背伸びしていたとしても、きちんとしたことを
少しずつ伝えていくことによって、近道ができるのかも、
と思ったりもしています。

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪

 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 練習について