お客様との話題3選

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器の店長ヒラセトモキです。
おはようございます!

 

昨日の午後はお客様宅でずっと作業。
当然色々とお話もするわけで…。

 

●生ピアノと電子ピアノ

 

調律やそれに付随するような作業で
訪問させていただく場合、話題に上がる率の
ナンバーワンは「生ピアノと電子ピアノ」に類する話題。

 

昨日も、

 

「最近は電子ピアノのほうが
よく売れるんですかぁ?」

 

的な話題を振ってくださったので、

 

「そ~ですねぇ。
でも電子ピアノじゃ上手になれないんですよねぇ…」

 

みたいなお話をしてまいりました。

 

 

優秀な講演家は何度も同じ話を繰り返す、
なんてことを言いますが、

この電子ピアノと生ピアノに関する話題は
本当に何度も何度も繰り返す話題です。
でも、なかなか伝わりきらない話題でもあります。

 

生ピアノの良さは自分で音色を作るところにあります。

それはサンプリングした電子音を鳴らす
電子ピアノでは逆立ちしたって出来ない芸当です。

 

このあたりをもっとわかりやすく伝える工夫は
必要なんだろうなって思っています。

 

 

●ヨーロッパのピアノ

 

次に話題に上がったのは、今の新品ピアノの値段。

ヤマハの新品ピアノっていくらくらい
するんでしょ?ってな感じの話題です。

 

その値段の話から、
今は作る台数も減っているので
注文しても待たなきゃいけないんですよー
ってな話をさせてもらっている中で
出てきたのが他社の話題。

 

 

ピアノのメーカーって実は色々あるんですが、
大抵のお客様がご存知なのは
ヤマハ、カワイ、スタインウェイの
3社くらいなんです。

でも、日本国内でもいくつかメーカーが
ありますし、ヨーロッパのピアノメーカーも
ものすごくたくさんあります。

 

特にヨーロッパのピアノなんかは
それなりにお値段はします。
っていうか、めちゃめちゃ高価です。

ご家庭に置くようなピアノなのかというと
ちょっとアレかもしれませんが、
将来の希望や願望的にそういった極上の
ピアノの存在を知っていただくことも
いいかもしれませんね。

ここらはもっともっと伝えていかないと
と思いました。

 

 

 

●色々知っておきましょう

 

他にも音楽教室のことや他の楽器に関する
話題も上がりがち。

 

我々はピアノ技術者ですから音楽教室や
他の楽器のことは知りません・わかりません
では通じません。

 

音楽教室のコースのこと、ギターや管楽器のこと、
他の楽器のお手入れ方法などなど、

完璧じゃないにしてもいろんな話題に
対応できるように準備しておくことが
必要なんだなぁと思うことが多かった
昨日のお仕事でした。

 

うーん反省!もっとお話できるようになります!

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

 - 調律のこと, レッスンについて, ピアノのこと, 楽器のこと, 音楽について