重要と緊急のマトリクス

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

昨日はコンサルティングを受ける日でした。

 

●問題と課題と

 

コンサルティングというと
なんだか難しそうに感じるのですが、
単純に外側の目を借りて自分たちの視野を
広めてもらうというような感じで受け止めています。

 

昨日は、現状の問題と、これから将来に向けての課題と、
そしてそれを解決するためにとりくむべきことなどなど。

13:00~18:00まで、みっちりいろんな話をしました。
さすがに最後の方はエネルギー切れでしたが(汗)

 

 

●考える時間

 

日々の仕事の中ではどうしてもじっくりゆっくり
考える時間を作ることがなかなか出来ません。

 

眼の前の片付けなければいけないことが山積みなので、
立ち止まって考えることって
ついつい後回しになってしまいます。

 

後回し後回しで日がたってしまって
忘れてしまって…というのが
よくあるダメダメパターン。

コレにハマるとなかなか抜け出せなくなるんですよね。

 

 

●緊急・重要

 

こういうときによくいわれるのが
緊急と重要のマトリックス。

 

緊急度の高い低い、そして重要度の高い低いで
物事を考えるというやつです。

 

先程のダメダメパターンは、
緊急度が高くて重要度の低いことばかりに
時間を取られてしまい、

本当に手を付けなければいけない
重要度が高く緊急度の低いことに
目が向けられないということなんですね。

 

ほんとダメダメです。はぁ。

 

 

●日々の練習

 

楽器の練習でも同じです。

 

ちょうどこの春先の頃は発表会のシーズンです。

 

どうしても緊急度の高い発表会の曲の練習を
優先してしまいがちです。

もちろん目の前の発表会で下手な演奏は
できませんから、それはそれでいいと思います。

 

でも、曲の練習ばかりしていても
なかなか実力はUPしません。

 

実力を高めるためには、
緊急度は低いけれど重要度の高い基礎練習などの
時間をどれだけ取ることができるかが
重要になってくるわけです。

 

 

「そうは言っても時間取れないし…」

ってなりますよね。

 

大丈夫。それであたりまえなんです。

 

 

発表会が近づくと曲の練習を必死にします。

その時間の中に少しだけでも実力アップのための
練習を組み込んでみましょう。

 

 

 

 

プロのピアニストは日々のコンサートの
練習ばかりをしているわけではありません。

実力を落とさないように、もっと向上するように、
時間を見つけて基礎訓練に取り組んでいるはずです。

 

 

 

同じ時間を費やすならば、
緊急ばかりに目を向けず重要なことにも
意識を傾けることが重要だと思います。

 

意識するだけでずいぶん結果は
変わってくると思いますよ。

 

まずは意識からはじめてみましょう!

 

 

 

 

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 音楽について, 考えていること