「○回弾く」は意味があるの?

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます。

 

昨日は取引先の幼稚園や保育園への訪問をしていました。
約2時間で9件ほど回ることができ、とても効率的。

こういう時ってご機嫌ですよね。

 

●セミナー音声

 

こういった移動の時にセミナーの音声を
聞くようにしています。

お気に入りの音声は何度も何度も繰り返して
聞いたりします。

 

でも不思議なもので、
若干オーバーかも知れませんが
聞くたびに発見があるんです。

あれ?こんなこと言ってたっけ?
と気づく時も結構多いんです。

 

おそらく、その時々の聞いている自分の
考え方や体調にもよるんだと思うのですが、

何度も何度も繰り返し聞いていても
新しい発見があったりするので面白いんです。

 

●プロセスに落としかえる

 

昨日聞いていたあるのは、
居酒屋さんをやってらっしゃる社長さんの講演で、
ものすごい借金を抱えたものの何とか復活を果たした
というお話でした。

 

お話の中で
成果が結果が出ない時はプロセスに
落としかえるという話をされていました。

 

毎日がんばって仕事をしていても
なかなか結果が出ない。

それで焦るのはダメで、1日また1日をがんばる
ということを目的にして過ごしていくようにすれば
気持ちも落ち着くし、そうすることで助かった
みたいな話をされていました。

 

 

そのお話自体は何度も何度も聞いているので
空で言えるぐらいにはなっているのですが、

ちょうど昨日営業回り中だったということもあったので
このプロセスというのが非常にストンと落ちました。
納得でした。

 

 

●繰り返しの練習

 

楽器の練習なんかはこの「結果とプロセス」
という話に非常に似ているような気がします。

 

日々の練習では結果なんてなかなか出ません。
成果もなかなかついてきません。

 

例えばピアノをはじめた直後なんかは

「この曲を10回弾いてきましょうね」
のような宿題が出ます。

 

その10回にどれだけの意味があるのか
と言われると正直意味はないと思います。

 

しかし、はじめたばかりの人に結果を
出させることは出来ません。

まずはプロセスに落としかえて取り組むことを
覚えるわけですから、
これはきっと講演でおっしゃってたのと
同じなんだと思うんです。

 

回数ばかりやるのは意味がない。
質の高い練習を少ない回数おこなうことが効率だ、

なーんてことを言ったりしますが、それはまた別の話。

 

成果が出ない時はプロセスに落とし変える。

これって大事なことだと思うんですよね。

 

なので練習で〇〇回弾きましょうは
全然アリということで。

めんどくさいけど真面目に取り組んでいきましょうね!

 

 

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - レッスンについて