小さなスポイドと高いハードル

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

やる前からそんなのわかんないしぃ~

って思っちゃうことないですか?

 

で、やってみたら意外とカンタンだった!

ってこともよくありませんか?

 

●ファンヒーター

 

以前からなんとなく調子が悪かった

ファンヒーター。

数日前からとうとう動かなくなっちゃいまして、

とにかく自室が寒かったんです。

 

で、昨日休みだったこともあり、

ようやく重い腰をあげて原因究明に取り組んでみました。

 

 

●はじめての掃除

 

原因究明といっても、まず考えられるのはお掃除。

 

といっても、ファンヒーターの掃除なんて

やったことないですし、

どこをどうやったらいいのかわかりません。

 

で、家族に尋ねてみると、

どうやら毎年やってくれていたみたいで、

それ専用のスポイドとかも買ってあるとのこと。

そんなの見たことねーし!!って感じでした。

 

あ、知らないところでやってもらっていることに

まず感謝しないといけませんよね。はい(汗)

 

 

で、ファンヒーターの掃除をしつつ、

部屋の掃除をしつつ一日が過ぎ、

結局ファンヒーターは復活しませんでした。

掃除じゃなかったみたい(涙)

 

 

●一段目はハードル高いイメージ

 

なんでもそうだと思うのですが、

初めて行うことって誰でも

どんなシチュエーションでも

高いハードルのように感じられるんだと思います。

 

ファンヒーターの掃除って何したらいいの?

小さなスポイドってなんのこと?ってのと

同じですよね。

 

ただ、実際にやってみると、

それほど難しいことはひとつもなく、

わりと淡々と作業はできちゃうんです。

 

 

楽器の練習やレッスン、掃除や調整なんかも

コレとまったく一緒なんです。

 

最初はなんかわからないから

おっかなびっくりかも知れません。

手に取るのもビビってしまうかも知れません。

 

でも、最初のハードルを越えて

実際にやってみると、

そこまで難しくないかも知れません。

意外にイージーかもしれません。

 

 

●やってみよう!

 

結局のところ人間ってイメージで

動いちゃう生き物なんです。

 

難しそう、できなさそう、って思うと

腰が引けてしまいます。

それはとてもよくわかります。

 

 

その点、子どもさんはそういう思い込みが

ないぶん、ハードルをヒョイッと超えちゃうんですよね。

 

おとなは子どものそういう良いところを

マネするべきなんだろうなと思うんです。

 

 

身近なところで言うと、おとなのピアノレッスン

なんかはその典型。

 

やりたいなぁと思っていても、

見えないハードルの高さにビビってしまっていませんか?

 

いまこそ、そのハードルをヒョイッと

超えるときかもしれません。

 

目をつぶって、えいやってジャンプしてみるのも

いいかもしれませんよ。

 

 

 

 

 


【兵庫三田ピアノアカデミー 第5回修了コンサート】

と き:2018年2月4日(日)14:00開演(13:30開場)
ところ:神戸市立北神区民センター ありまホール
入場料:1,000円
☆チケットのご予約・お問い合わせ等はこちらから

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - レッスンについて, ヒラセトモキのこと