大切にしたい気持ちと手入れをしたい気持ち

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

昨日は音楽教室の生徒さんから、

クラリネットのお手入れについてのご相談を受けました。

 

 

●大事にしたい気持ち

 

学校で吹奏楽部に入り、クラリネットを担当し、

長く学校の楽器を使ってこられていた彼女。

やっぱり自分の楽器が欲しくなるわけです。

 

で、この度、念願かなってご家族の

お知り合いの方から中古の楽器を

譲ってもらうことになりました。

 

これはうれしいですよね!

練習にもより力が入るというものですし、

この楽器を長く大事にしたいと思うのは

当然です。

 

 

●手入れしたい気持ち

 

しかし、どなたかが使われていたその楽器、

やはりところどころ傷みが生じているらしく、

 

銀色のキィの部分が少しくすんでいたり

黒くなっていたりするのはどうやったら

きれいにピカピカになるのか

悩んでらっしゃるご様子でした。

 

 

自分の楽器ですから大事にしたい。

大事にしたいということは、

とにかく手入れをしたい。

 

そう思うのは誰しも当たり前です。

 

 

でも木管楽器、特にクラリネットやオーボエ、

フルートなどのキィがたくさんある楽器は

あまりこの気持ちを全面に押し出しすぎると

楽器を壊してしまうおそれがあるので

注意が必要なんです。

 

 

●壊しちゃいます

 

 

手入れをしたい!という気持ちを

奮い立たせるかのように、

各メーカーはオイルやポリッシュなど

お手入れ用品や掃除道具を色々と販売しています。

 

これらを使うと、

きっと楽器はピカピカになるし、

きっともっとスムーズに指が動くんじゃないか…

なんて考えちゃうんですよね。

 

でも、実際はちょっと違うんです。

 

キィのたくさんある楽器を

ゴシゴシ磨けば磨くほど

キィは曲がりやすくなりますし、

 

オイルやポリッシュもつけすぎると

細かな隙間に入り込み、

ゴミやホコリと付着してそれが却って

動きを悪くする原因になったりするんです。

 

なので、大事したい気持ちと

手入れをしたい気持ちは

同じベクトルで持ち合わせないほうが

いいと思うんです。

 

 

●拭くより吹く

 

管楽器はとにかくピカピカであってほしいと

思うのがみんなの思いです。

 

でも、

ピカピカの楽器をお客様に見てもらう

ことが目的ではなく、

楽器から出た音や音楽を聞いてもらうのが

目的です。

 

 

昔の人はよく言いました。

「楽器は拭くより吹け」。

 

当時はなんとも寒いギャグだなぁと

思っていたのですが、

今思うとこれが正論なんです。

 

 

大事にしたい気持ちは大切。

手入れをしたい気持ちも大切。

 

でも、楽器は拭くより吹く。

これが一番大切なんです。

心しておきましょうね!

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 楽器のお手入れ, 木管楽器