企画と反応と結果

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

昨日は英語教室のイベントでした!

 

●音楽と英語の違い

 

ヤマハは音楽教室と英語教室を開講しています。

共通点は、

質のいい音楽が教材として使われていることとか

色々あるのですが、

大きな違いは発表の場があるかないかということ。

 

 

音楽教室は発表会やコンクールなど

人前で披露する場がたくさんあるのですが、

英語教室ではそういうものはありません。

 

そこで当店では

年に一度全てのクラスが集まって行う

イベントを開催しています。

 

外国人のゲストスピーカーをお招きし、

一緒にゲームをしたり、

簡単なやり取りをしたりする。

たったそれだけなのですが、

子どもたちにとってはとても貴重な経験に

なっていると思います。

 

 

●盛り上がったのは

 

昨日もっとも盛り上がったのは

「crazy dress-up」という企画。

 

チームに分かれて、各チームの先生に

いろんな衣装をどんどん着せていって、

どのチームが一番crazyだったかを競う

というゲームです。

 

変わった色の組み合わせはもちろんのこと、

帽子の上にバケツをかぶったり、

サングラスの上に水泳用のゴーグルを

つけたり、

マフラーを2重3重に巻いたり、

終わってみればとにかくモッコモコ(笑)

先生みんな汗だくでがんばってくれました(笑)

 

 

●作り込み

 

これらのイベントはすべて先生方が

考えてくださったもの。

ヤマハからの指示や指導があるわけでは

ないんです。

 

ですので、この日を迎えるにあたり、

何度も何度も会議を行なって、

ようやくまとまったのが

昨日のイベントということになります。

 

 

 

ただ、作り込みの過程を一緒に見ている

担当者は一緒に盛り上がるのかもしれませんが、

過程をまったく見ずに当日の進行表だけを

見せてもらった我々のような当日だけの

スタッフは、

果たしてこれで盛り上がるのかなぁ?と

半信半疑だったのも事実です。

 

 

●予想をうらぎる

 

しかし結果は大成功。

子どもたちも大いに盛り上がり、

保護者の皆さんの笑顔も

たくさん見ることが出来ました。

 

 

先生方は日頃から生徒さんと関わっていますので、

こうすればきっとこうなるだろうという

反応の予測が出来ているんでしょうね。

 

毎回のことですが、

この英語イベントに関しては、

予測とその着地点の正確さに

本当に感服しています。

 

 

 

英語教室のイベントというと、

ちょっと敷居が高く感じるかもしれませんが、

一般の方も参加できますので、

来年開催分にはぜひご参加ください。

頼もしい先生方がきっとまた、

楽しいことを山盛り考えてくれると

信じています。

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 英語教室