事件は現場で起きるけど1人じゃ解決できないんです

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

昨日は「さんだ美人コンテスト」でした!

 

●顧問という立場

 

「楽器屋が美人コンテスト?」ってよく言われましたが、

実はこのイベントは平瀬楽器が主催ではなく、

エステや美容室などの経営者さんが

集まって作った実行委員会が主催のイベント。

 

そのイベントに

ちょっと力を貸してほしいと言われまして、

実行委員ではなく顧問として関わってくれと言われ、

外部監査のようにちょこちょこと

意見を言わせてもらいながら

ここまで一緒に走ってきました。

 

 

●現場監督という立場

 

約1年間の準備期間を経て、昨日がいよいよ本番。

本番になるとエステや美容師さんでは

舞台のことはわかりませんので、

顧問から現場監督と名前を変え、

一日働かせてもらいました。

 

単なるコンテストだと事務的に

進めるだけでなんとかなるのですが、

それ以外にもいろんなショーが挿入されている

ごった煮的なイベントでしたので、

舞台進行は結構大変でした。

 

いや、ほんとに大変でした。

 

 

●非常に強力なバックアップ体制

 

ただ、頼りになったのが現場監督の下で

働いてくださった非常に強力なスタッフ体制。

 

大阪でモデル事務所を経営されている

社長さんや、ファッションショーを

運営されている方などなど、

めちゃくちゃ頼りになる方々が

後ろについてくださったので、

舞台進行はとっても心強かったのですが、

その反面、

この舞台監督で大丈夫だろうかと

見られている感が半端なく、

強烈なプレッシャーの中で

お仕事をさせていただきました(笑)

 

 

ただ、いつも気にしていることは、

何のためのイベントなのかということ。

 

美人コンテストという特殊な状況では

あるものの、来られているお客様に

楽しんでいただかないとダメです。

 

時間の管理はもちろんですが、

客席からの見栄えなんかも考えつつ、

めちゃくちゃ信頼できる司会者さんと

ホールのスタッフさんと相談しつつ、

なんとか大きな事故もなく

本番を終えることが出来ました。

 

 

●1人じゃ出来ない

 

この経験を通じて学んだことは、

とっても有り体ですが、

やっぱり1人じゃこんなに大きなイベントを

運営することが出来ないということ。

 

おそらく完璧だと思っている台本を

作ったとしても、

本番は常に何かが起こります。

そうなった場合に

どうやってその場をスムーズに

進めることが出来るかどうかは

舞台監督ひとりのチカラでは

絶対ムリなんです。

 

 

これまで色んなイベントが行われるたびに

色んな場所で舞台を見守ることが

あったのですが、

昨日の経験からベストの位置が

よくわかりましたし、

その位置で動くことで

みんなが安心して動けるのかも

という思いも抱きました。

 

何ごともひとつひとつ経験ですね。

次もよりよい舞台ができますように

もっともっと勉強していきたいと思います!

 

 


☆体験レッスン&特別キャンペーン実施中☆

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

 - イベント開催ノウハウ, イベント屋