おまたせしません!(願望)

      2017/09/20

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

昨日はひたすら鍵盤ハーモニカの修理をしていました。

 

●楽器の点検

 

当店のサービスの一つとして喜んでいただいている

もののひとつに「楽器の点検」があります。

 

楽器の点検といっても、持ち込んでいただいた楽器を

点検するというだけでなく、取引先の幼稚園や保育園、

その他施設やスタジオなどにお伺いして、

そこにある備品の楽器をチェックして、状態を記録したり

必要であれば修理の提案をしたりするサービスです。

 

当然それ相応に時間もかかりますし、

点数が多いところだと結構大変なのですが、

定期的に点検をしていくことで楽器の状態の変化が

見て取れるので、保守という意味からも

オススメさせてもらっていますし、

喜んでいただいていると自負しています。

 

 

●旬の季節

 

そんな楽器の点検サービスにも旬の季節があります。

それはいつかと言いますと、

秋もしくは冬の音楽会や生活発表会の直前。

 

もうすぐ本番という段階で太鼓や鉄琴などの状態を

チェックし、無事本番が迎えられるような状態をキープ

できるようにしているんです。

 

なので夏が終わるこの時期は、

そろそろシーズンの始まりのタイミングなのです。

 

●コートじゃない

 

昨年の冬、ある幼稚園にお伺いをしまして

50台くらいある備品の鍵盤ハーモニカを

全て点検させてもらいました。

 

そのうちの20台弱が要修理ということになりまして、

そのままお預かりしてきたわけなのですが、

その時に園長先生や担当の先生からは

「しばらく使わないので、いつでも大丈夫です」

なんて言葉をいただいていたものですから、

本当にしばらく放置してしまっていました。

 

クリーニング屋さんにコートを預けるがごとく

楽器屋さんに鍵盤ハーモニカを預けている、

みたいな形になってしまっていました。

 

年が明け、春がすぎ、夏もすぎ、

これまで目の端の方で存在は確認していたものの、

見て見ぬ振りをしていたたくさんの鍵盤ハーモニカでしたが、

さすがに秋の空気が漂ってくると、放置もできません。

 

というわけで、昨日ようやく修理に取り掛かった次第です。

 

 

●早くします

 

今回が珍しいケースではなく、急がなくていいと言われてしまうと急がない自分がいます。あかんなぁ、弱いなぁと思いつつ、なかなかこればっかりは治りません。

 

でも、今回のような超ロングお預かりは

さすがにちょっと反省をしておりまして、

以後こんなことのないように、と自分に戒めております。

 

 

これをお読みの幼稚園保育園の先生方、

いつでも安心してご用命くださいませ。

 

でも、とりあえず目の前の鍵盤ハーモニカを

なんとかしてからですけどね。

あぁ、ほんまに反省です。

 


☆体験レッスン&特別キャンペーン実施中☆

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

 - 楽器修理, ヒラセトモキのこと