ピアノ=アップライトピアノ、じゃない?!

      2017/09/18

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

昨日はピアノのことを書きましたが、

今日はその続きのような話です。

 

●ピアノ=グランドピアノ

 

昨日の記事にも書きましたが、

今のピアノの原型と呼ばれている楽器

「クラヴィチェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ」

が作られたのが1700年代初頭。

 

そこから様々な進化を経て

今のピアノの形になっている

のですが、実はここで言われている

「ピアノ」というのは

すべてグランドピアノのこと

なんです。

 

 

音楽やピアノというのは

もともと貴族などの上流階級の

ための娯楽でしたから、

大きな家に置くことが前提と

なっていましたので

グランドピアノというのは

当たり前だったんですね。

 

 

しかし現在、

おそらく多く方は

ピアノ=アップライトピアノで、

グランドピアノはスペシャルな

ピアノという認識

かもしれませんが、

実は全く逆なんです。

 

 

●省スペース

 

1900年代初頭に入り、

グランドピアノを立てた

形のピアノが開発されました。

 

本棚がついているピアノや

キリンのような形のピアノ、

高価なオルゴールのような

装飾の入ったピアノなど、

 

当初はデザイン的に奇抜な

ものをという意向もあったと

思うのですが、

 

近代に進むに連れて省スペース化

という方向もでてきました。

 

 

フランス革命以降、音楽が庶民の

娯楽になってきたということも

あります。

聞くだけではなく演奏することが

一般庶民にも開放されたということ

なんですね。

 

それに伴い、

内部アクションも研究開発され、

現代のアップライトピアノの

形に近づくことになりました。

 

 

 

 

●アップライト

 

それでは

「アップライトピアノ(Uplight Piano)」

とはどういう意味なのでしょうか。

 

「アップライト」とは

立つもしくは縦型という意味。

要するにピアノ(グランドピアノ)を

立てたものという意味なんです。

(そのままですけど)

 

 

コントラバス(弦バス)も

「アップライトベース」なんて

呼ばれたりします。

これも全く同じ意味ですね。

 

 

●スペシャルじゃない

 

ピアノの歴史を辿ってみても

グランドピアノが発明され、

改良され、普及された後に

アップライトピアノが

簡易版として発明され、

徐々に普及していった

という経緯があります。

 

 

ピアノというと

アップライトピアノが普通で、

グランドピアノは

スペシャルなものという

認識が世間には浸透している

感じですが、

実は歴史的には全く逆の

話なんです。

 

 

だからといってすべての方が

グランドピアノを持てると

いうわけではありませんが、

グランドピアノがスペシャルな

ものではないという認識を

持ってもらう意味でも、

歴史の流れを知ってもらうのは

いいことかなーと思っています。

 


☆体験レッスン&特別キャンペーン実施中☆

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - ピアノのこと