プロとアマチュアと暗黙の了解と

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

昨日はうちのライブサロン・自遊空間Amiで

弾き語りのライブがありました。

 

●自遊空間Ami

 

自遊空間Amiは弊社の運営するライブサロン。

一応クラシックをメインにしているとはいいつつも、

昨日のような弾き語り系のライブをやったり、

落語会をやったりしている、

わりと振り幅の広いライブスペースです。

 

 

人前で演奏を披露しようと思っても、

ホールを借りると大きな費用がかかってしまい、

二の足を踏んでしまうような若いアーティストに

発表の場を作ってあげられないかという思いで、

この自遊空間Amiを運営しています。

 

 

●生徒さん

 

今回ワンマンライブを開催してくれたのは、

元生徒さん&現生徒さんのお姉ちゃん。

ギター弾き語りで色んな曲を

たくさん披露してくれました。

 

もともとはピアノを習っていたのですが、

途中でギターの魅力に目覚め、

一時はギターも習いに来てくれていました。

 

ピアノで培った音程感を持つ彼女の歌声は

とても聞きやすく、年齢とともに表現力も増し、

全体を通して非常にいいライブになりました。

 

 

●プロとアマ

 

ここで問題になってくるのが

プロとアマチュアの境目。

 

昨日の彼女は現役の女子大生。

一般的にいってもワンマンライブをする

立場ではありません。

 

しかし就職を目前に控え、最後の思い出にと

ワンマンをしたいと言ってきてくれました。

 

結果、32名定員の自遊空間Amiが大入り満員。

こちらが手間取るほどにお客様が

たくさんいらしてくれて、とても驚きました。

 

 

いわゆる音楽大学を卒業しているような

プロの演奏家でも30名のお客様を

コンスタントに集められるかというと、

なかなか難しいんです。

それがアマチュアとなると余計にそうなります。

 

 

アマチュアだから入場料をいただくの気が引けるとか、

プロだからこれくらいはしなくちゃいけないとか、

なんとなくの暗黙の了解はあるかもしれませんが、

ここ自遊空間Amiに関してはそのへんの線引きは

あえて無視しています。

 

昨日のようなギターの弾き語りなどの場合は

アマチュアでもやりたい方は多いのですが、

クラシックとなるとこれはまた違ってきます。

 

次の課題はクラシックでこういうアマチュアの

披露の場(発表会じゃない別の場所)を

作っていくことかなと思っています。

 

●またやってね!

 

昨日は大入り満員でした。

たくさんたくさん練習してきた曲も

すべて披露することができました。

曲によっては涙する人もいるほどでした。

 

あの場、あの環境にいた人は、おそらく

アマとかプロとかを意識は

されなかったのではないでしょうか。

 

 

音楽を感じる心は平等です。

これからも平瀬楽器と自遊空間Amiは

「やりたい気持ち」を支える活動を

していければと考えています。

 


☆体験レッスン&特別キャンペーン実施中☆

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

 - イベント屋, イベントレポート