技術向上って気持ちが大事

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

昨日はピアノの「コワシ」をやりました!

 

●国家試験

 

「ピアノ調律技能士」という資格があるのをご存知でしょうか?

簡単に言うと調律師のことなんですが、

4年ほど前から国家試験が始まりまして、

こんなちょっと難しい名前の職業になっています。

 

なので、実はいまはこれが正式な職種名なんです。

「ピアノ調律技能士」 ん~、慣れませんけどね(笑)

 

 

●練習

 

で、そんな国家試験は年に2~3回行われていまして、

平瀬楽器の先輩技術者が今度1級を受けるそうです。

 

無事筆記試験を合格して(筆記試験も

かなり難しいんですよ!)、次は実技試験。

実技は何をするのかというと

 

・アップライトピアノの調律

・グランドピアノの調律

・アップライトピアノの整調

・グランドピアノの整調

・弦交換

 

ざっとこんな感じです。

 

で、昨日はこのうちアップライトピアノの

整調のお手伝いをしました。

 

お手伝いといっても実際に作業を手伝うのではなく、

先に決められた範囲内でピアノの調整をくるわせておくんです。

たとえば鍵盤の高さを高くしたり低くしたり、

音が止まらなくしたり、

鍵盤に妙な遊びを作ってみたり、

鍵盤1本しか弾いていないのにハンマーが2本動いたり、

まぁ、そんなくるわせかたをするんです。

 

こういう作業のことを「コワシ」といいます。

 

事前にピアノを壊しておくからそんなことを言うんですね。

 

 

●そういえば

 

調律師の養成学校に入っていたときも、

この「コワシ」は毎日の日課でした。

お互いにコワシを行い、それを探して直す

という作業を繰り返すことで技術が磨かれていきます。

 

ある程度の技術があるからこそ、

コワシもきちんと壊せるわけで、

これをなんにもしらない人がやっちゃうと、

文字通りただ単に壊して終わりになってしまいます(笑)

 

 

そういえば養成学校時代時には

絶対見つからないような場所を壊して

相手をパニックにさせるのが

流行ったなぁとか思い出しながら作業をしていました。

 

あ、昨日はちゃんと普通に壊しましたよ!(笑)

 

●日頃の練習が大事

 

こういう国家試験なんかがあるからこそ

技術を磨くタイミングがあるわけで、

キッカケがないとなかなか自分の

技術を見直すことはありません。

 

いくら練習をしようと思っても、

そういうこわれたピアノが目の前に

出てくることは少ないわけで、

やっぱり意識しておくことが

技術の向上につながるんだなぁと思った次第です。

 

昨日の先輩技術者はもうお孫さんも

いらっしゃるような年齢なのに、

まだまだ上を目指されていて、

その姿勢は素晴らしいなぁと思いました。

 

ぼくなんか2級で十分ととどまっているのですが、

背中を押された気分です。

 

もうひと踏ん張りしてみてもいいかもしれませんね!

いい刺激を受けました。

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

 - 調律のこと