仮面ライダーの映画を見て気づいたこと

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

昨日は夕方から、映画を見に行ってました。

この時期恒例の仮面ライダー劇場版というやつです(笑)

 

●貸し切り

 

行った時間がちょうどよかったのか、

広い映画館には我々夫婦ともう一組のご家族。

合計5名だけの貸し切り状態。

 

少し早めに着いたこともあって、

フカフカのイスに腰掛けて鑑賞することが出来ました。

 

そこで気がついたことがあったのですが…。

 

 

●アニメばっかり

 

映画の本編が始まる前って、これから上映が

決まっている作品の宣伝を流しますよね。

 

その予告のほとんどがアニメばっかりなんです。

 

ドラえもん、妖怪ウオッチ、カーズ…。

まぁお子様の好きそうな作品のオンパレード。

 

それに加えて、おとなでも見れる「君の名は」的な

上質のアニメも加わって、

とにかくアニメアニメアニメのオンパレード。

 

 

いまはそれくらいアニメの需要が多くなって

いるんだろうなぁとぼんやり見ていたのですが、

実際はそれだけじゃないんですよね、これって。

 

 

●ターゲット

 

当たり前の話ですが、仮面ライダーを見に来る

お客様は基本的に小さいお友達がほとんどで、

その子たちの好きそうな作品というのは

必然的に絞られてきます。

 

うちら夫婦のように大きなお友達は

もともとターゲットではないんですよね(笑)

 

で、ターゲットが決まったらその対象に向けて

どういう対策をすればよいのかを検討し、

しっかり実践されてる様子が伺えました。

 

 

前売り券を買ったらこんな特典がついています、とか。

映画の中に出てくるこのアイテムを事前購入して応援だ!とか。

限定品のコラボぬいぐるみはこのショップで売っています、とか。

 

 

まぁ、そういう仕掛けがどの予告編にも

随所に見受けられるわけなんです。

 

おそらく過去に行った何かのキャンペーンでの

ヒット経験から同じようなことを継続されて

いるんだと思うんですが、

これってきっと大事なことなんだと思います。

 

 

我々中小企業はチラシを打つにもオリジナリティを

意識しすぎて、同じものの使い回しということを

やらない傾向にあります。

 

しかし、反応の良かったチラシなどに関しては

再度使えば同じ反応が得られるはずなんですよね。

わかっちゃいるけど勇気が出ない(笑)

 

 

●欲しい人に売る

 

映画供給会社のような大きな組織であっても

そのやり方をひたすら周到しているのに、

我々が別路線でいけるわけはありません。

 

最終的には

「欲しい人に・欲しがっているものを・

欲しいタイミングで提供する」ことが

できれば最高なんですよね。

 

 

映画の予告編をたくさん見せられて、

改めてそんなことを感じた次第です。

もっともっと足元を見つめ直す必要が

あるんだなと感じました。

 

改めて、誰に何を売っているのかを

考えなす必要があるように思った

映画館での一コマでした。

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

 - 考えていること