発表会は学びの宝庫!

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます。

 

昨日は今シーズン最後の発表会でした。

 

●年間行事

 

平瀬楽器の音楽教室は3月から7月の期間で、

月に1~2回程度の発表会を行っています。

今期は全部で13回行いました。

 

もちろん、その一回一回で人数も違いますし、

会場も内容もちょっとずつ違います。

共通しているのは当店が主催していることくらい。

 

ピアノなどの鍵盤楽器が基本的にメインには

なりますが、場合によってはヴァイオリンや

うたの発表があることもありますし、

エレクトーンばっかりの日もあったりします。

 

 

●なにをしているのか

 

発表会のお仕事って一体何をしているのかと

思われる方も多いかもしれません。

 

MC(司会)や受付であれば目に見えるのですが、

ぼくはどちらかというとそのあたりは担当せずに、

裏方としてごそごそしていることが多いです。

 

たとえば演奏を録音していたり、

補助ペダルや足台・譜面台などを動かしたり、

ちょっと騒がしくなった場内を見て回ったり、

ホールのお金を支払いに行ったり、etc。

 

ま、雑用ですね、雑用(笑)

 

 

 

●慣れてはいますが…

 

これ以外にも9月には管弦打楽器の発表会、

10月にはエレクトーンのアンサンブルの

コンクール、1月にはヤマハの生徒さんの

自作曲の発表会などなど、

いろんな発表の場を作っています。

あ、今月には屋外のコンサートもありますね。

 

 

年間でおそらく20回くらいはそういう場に

立ち会っているんだと思います。

 

さすがに慣れもありますし、どのように振る舞えば

もっともスムーズに進行するのかも

わかっているつもりです。

会場のスタッフさんとのコミュニケーションも

ぼちぼち取れていると思いますので、

仕事自体は非常にやりやすく、

いつもエンジョイさせてもらっています。

 

 

ただ、慣れているのと疲れっていうのは

比例しないんですよね。

どれだけ慣れていたとしても、疲れは疲れ。

暗いところで一日仕事をしていると、

夜にはどっと疲れが襲ってきます。

 

 

そこまで意識はしていないつもりなのですが、

やはり発表会の主役は出演者。

特に子どもたち。

 

この子たちにとって、少しでもリラックスして

臨める舞台袖でありたいと思っていますし、

力を思いっきり披露できるステージを

作ってあげたいと思っていますので、

そういう気負いが少なからずあるんだと思います。

 

 

●いろんな顔に出会える場所

 

 

昨日の子たちの多くは舞台袖で

「まちがったらどうしよう」

ってなことをよく言っていました。

 

でも、発表会って(間違わないのが

いいんですけど)そこはそんなに問題ではないと

思うんです。

 

間違ったら間違ったなりに学びはあると

思いますし、うまくいけばうまくいったなりの

自信につながるんだと思います。

 

 

プレッシャーに押しつぶされて

泣いてしまう子もいます。

それでもがんばって舞台に出ていく子もいます。

演奏後、フラフラになって

舞台袖に戻ってくる子もいます。

 

 

いずれにしても、子どもたちになんらかの

感情の動きを作ることのできる発表会という場が

とても好きです。

 

 

次の発表会は9月。

また色んな顔に出会えることになるかな、と

いまから楽しみにしています。

 

 

 

★☆★☆毎年大好評!【平瀬楽器のピアノ解体ショー】☆★☆★

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

 - 発表会