梅雨時期の調律ってどうなのよ問題

      2017/07/22

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

昨日は調律に伺ってきました!

 

●梅雨時期の調律

 

調律の仕事を長くやっていていつも考えるのは

“梅雨時期の調律ってどうなのよ問題”です。

 

湿度の高い時期なのでピアノにかぎらず

すべての楽器はが不安定になります。

 

そんなときに調律なんかしたって

くるいやすいだけじゃないの?

っていう意見もあります。

 

でも、湿度が高いからといって

調律がそんなにくるうのかというと、

それを説明できるようなデータや

証拠はないんですよね。

 

 

なので、この時期の調律っていつも悩むんです。

 

 

●お客様は知っている

 

移動をした後には調律をした方がいいとか、

湿気の多い時期の調律はあまりよろしくないとか、

そういう情報ってお客様もよくご存知だったりします。

 

おそらくなのですが、この時期って湿度が高く、

温度もぐんぐん上がってくる季節なので、

まず調律師の集中力が続かない、

という意味で調律に合わないシーズンと

言われているのかなと思うんです。

 

そういう意味ではたしかにその通りで、

昨日もちょっと暑さにやられてフラフラになりました(笑)

 

●クーラー問題

 

だったらクーラーをつければいいじゃない

という話なのかもしれませんが、これはこれでデリケート。

 

湿度の影響で調律が大きくくるうということは

あまりありませんが、温度の変化は大きく影響します。

 

特に冷房。

部屋の温度が急激に下がると調律は一気にくるいます。

 

ですので、ホールなどでの調律の場合は

予め調律を行う数時間前から空調を入れておいて

もらうのが普通なんです。

 

一般家庭の場合はそんなもったいなこと出来ませんし、

いつも練習をされている状況で調律をしたほうが

ピアノも安定しますので、そのときだけ

快適な環境を作ってもらっても仕方ないんです。

 

なので、暑い環境でも大丈夫。

クーラーつけてもらわなくっても平気です。

汗だくでも調律はやりますのでご安心ください(笑)

 

 

●何が良くないのか

 

だったら湿度とピアノの関係において

何が問題なのか、なのですが、

これはずばりアクションです。

 

たとえば弦を打つハンマーが動く仕組み(アクション)は

たくさんの部品が組み合わさって出来ています。

合成樹脂なども一部使われていますが、

木材やフェルトなど自然の材料を使っている部分が

まだまだ多いのがピアノという楽器の特徴です。

 

そんな自然に属する部品というのは

湿度の影響を受けやすいんです。

 

 

小さく切った木材でも湿度を吸収すれば

膨らみますし、乾燥すれば収縮します。

フェルトやクロスなどの織物も全く一緒。

湿度によってい影響を受けやすい材質なんです。

 

梅雨の時期になると鍵盤がおりたまま

上がってこない、なんていうのは

一番わかりやすい現象のひとつ。

そういうのの積み重ねで連打がしにくくなったり、

大きな音が鳴らなくなったりするんです。

 

だったらもう自然素材を使うのをやめたら

いいじゃないと思われるかもしれませんが、

やっぱりそれではピアノらしい音や

ピアノらしいタッチが得られないんですよね。

 

 

原始的なのかもしれませんが、

ピアノがピアノらしくあるためには

温度や湿度とうまくつきあって、

少しでもいい状態をキープしていくことが肝心なのです。

 

嫌な時期ですが、今を乗り越えていきましょう!

 

 

 

★☆★☆毎年大好評!【平瀬楽器のピアノ解体ショー】☆★☆★

 

☆平瀬楽器 音楽教室 体験レッスンキャンペーン実施中!☆

体験スケジュールはここをクリックしてください!

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


 

 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

 - ピアノのこと