アウトプットからのインプットの意味

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

昨日も終日研修受講していました。

 

○負荷

 

どんな研修でも同じかと思うのですが、

基本的に非日常の場所に身を置くと

負荷がかかります。心も体も疲弊します。

 

しかしそうやって無理をすることで

伸びしろが生まれるんですよね。

特に研修のような身につけるものは

多少無理してでもゴシゴシ刷り込むように

しないとダメだと思うんです。

 

 

○インプットの大切さ

 

たとえばどなたかのセミナーを受講して、

色々勉強になったとします。

 

その瞬間はいろいろなことを感じたり、

覚えたりしていますが、

人間は忘れる生き物ですから

どんどん忘れていきます。

 

 

 

 

それを補うために、

同じセミナーの音源を繰り返し聞く

という作業をしている方もいらっしゃいます。

一回だけで満足するのではなく、

くりかえしくりかえし耳から入れることで

身体に刷り込まれいくような感覚になるわけです。

 

 

○アウトプットできた人が勝つ

 

昨日の研修は、このインプットとアウトプットが

繰り返されるものでした。

 

講義があって、ゲームがあって、再び講義があって、

ゲームがあって、互いにシェアする時間も取って

あったりして、やっぱりちゃんと出来ているもの

なんだなぁと感心しています。

 

 

ゲームに勝つことが目的ではありませんが、

やはりきちんとインプットしたものを理解(吸収)

している人ほどゲームに勝てているような気がします。

 

やっぱり、その場その場の

アウトプットが大切なんでしょうね。

 

 

○人前で演奏すること

 

レッスンに置き換えて考えた場合はどうでしょうか。

 

レッスンは基本的に受け身ではありますが、

先生が弾いているのを見ているのではなく、

生徒さんが弾くのを注意する形でレッスンが

進んでいきます。

 

 

ですので、先生からの注意がインプットになり、

それを受けて自分の演奏(アウトプット)に

変化が生じ、再び注意を受け(インプット)、

演奏をし、(アウトプット)、という形の

繰り返しになります。

 

ということは、レッスンとは

アウトプット&インプットの場なんですね。

 

 

発表会やコンクールなどで人前で演奏する

ことは、ずばりアウトプットです。

積み重ねてきたものを一気に出す場です。

そこで得られた拍手や講評がインプットの

素材となり、次のステップへと進むわけです。

 

なので、人前で演奏するということを常に

必要だと思っていてもらいたいんです。

 

 

恥ずかしいからとかまだまだレベルが低いからとか

言っておよび腰の方(特におとなの方に多いです)

もいらっしゃいますが、

インプットを繰り返していても、それは食材を

口に入れ、ひたすら噛み続けているだけだと思います。

 

 

実際に身につけるには、

飲み込んで消化していかないといけないわけで、

それが人前で演奏するということに

当たるのかなぁと思ったりもします。

 

最初は勇気がいるかもしれませんが、

ぐっと踏ん張ってアウトプットの機会を

作ってみてください。

 

それこそが、日々のレッスンを最大限に

活かすことにつながると思います。

 

 

 

 

 

☆平瀬楽器 音楽教室 体験レッスンキャンペーン実施中!☆

体験スケジュールはここをクリックしてください!

 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - レッスンについて