楽器の音色とイメージ☆フルートとマリンバのコンサートにて

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

今日は自遊空間Amiでコンサートでした!

 

今日の演目

 

今日の自遊空間Amiは「フルート&マリンバLIVE」でした!

フルートもマリンバもどちらもよく知られた楽器ではありますが、フルートとマリンバのアンサンブルって意外と珍しい取り合わせなんですよね。

いったいどんな演奏になるのかなぁと楽しみにしていたのですが、いい意味で予想は裏切られました。

 

初出演

 

今日の出演はフルートの武田尚子さんとマリンバの島田菜摘さん。

どちらも音楽を志して活動を続ける若き音楽家です。

 

もともとは高校の同級生というのが二人の共演のキッカケだそう。大学は互いに違う学校へ進学したのですが、大学在学中はもとより卒業してからも折りにふれ2人で演奏活動をしてきたそうです。

そしてこれからも機会がある度に2人で色々と活動していくとのことです。

 

 

今日のライブのトークでも言っていたのですが、フルートの伴奏といえば大抵がピアノです。

ピアノは両手の指10本で演奏をする楽器ですが、マリンバはどうがんばっても両手に4本のマレット(バチ)を持って演奏するのが限界。そんなわけなので、伴奏楽器としてピアノの伴奏の楽譜をそのまま演奏するのは不可能なんだそうです。

それでも原曲の雰囲気を壊さないように編曲したものを持ってきてくれて今日のコンサートが実現できたそうです。

 

 

初めて見る楽器でテンションあがる件

 

「フルートはもちろん知っているんだけど、マリンバを間近で見るのは初めてなんです」

そんなことをおっしゃっていたのは今日おこしいただいていたお客様。

 

たしかになかなか存在感のあるマリンバという楽器は、学校においてある木琴とはちょっと違いますし、なかなか身近で見ることもありません。

ピアノや弦楽器などにはない豊かな音色・音量はマリンバだけのもの。とても素敵な音色にうっとりされていました。

 

 

また、そのお客様はおとなになってからピアノをはじめられた方なのですが、ピアノをやればやるほど他の楽器に興味が生まれてきたとのこと。

 

ピアノをやっている人はピアノしか聞かないという方が多いのですが、この方のようにいろいろな楽器に興味を持つということはとってもいいことなんです。

吹奏楽を聞いたりオーケストラを聞いたりすることで、いろいろな音色を耳にします。

ピアノといってもピアノの曲ばかりを演奏するわけではありません。オーケストラの曲を編曲したものを演奏する機会もあるかと思います。

そんなときにいろんな音色を聞いているかどうかということが、とても重要になってきます。

たとえばチェロの音色のイメージとヴァイオリンの音色のイメージは全く違いますよね。

実際に鍵盤を押して出る音は一緒ですが、この音色のイメージの違いって結構大きいものなんですよね。

 

 

今日のコンサートはフルートとマリンバのアンサンブルではありましたが、色んな角度から楽しむことの出来た内容になっていました。

フルートが好き、マリンバが好き、というだけではなく、色んな音を聞いてみたいという方にとっても、こういう身近なライブはとってもいい場なんだなと改めて思った次第です。

今日のように、色んな人に楽しんでいただけるような場をもっともっと作っていかなきゃいけないなと思いました。

 

 

 

 

☆ヤマハ音楽教室・ヤマハ英語教室 春の無料体験レッスン実施中!☆

平瀬楽器の体験スケジュールはここをクリックしてください!

 

 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - イベントレポート