ご存知でしたか?カポってけっこう種類があるんです。

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

うちのお店は楽器屋さんです。楽器屋さんといっても○○専門店とかではないので、結構幅広くいろんなものを扱っています。

いろんなものを扱っているということは、それ相応の知識もいるということですのでけっこう大変なのですが、それはお客様も一緒なんですよね。

 

頼まれたお買い物

 

ある日、おじさまが買い物に来られました。

「ギターのカポちょうだい!」

 

あ、カポって何かおわかりですか?

カポタスト(capotasto)は、ギターやウクレレなどの弦楽器用アクセサリー、演奏補助器具のひとつ。略してカポと言われる。弦の長さを任意に短くすることで、楽器全体を移調することができるが、上げるだけで下げることはできない。一般的なチューニングでは演奏が比較的困難な楽曲を、楽に演奏するために用いられることが多い。(wikipediaより引用)

 

指で弦を押さえて音を変えるギターやウクレレなどで使う、簡単に音程を変える道具のことを「カポ」っていうんです。

 

※これはたくさんつけすぎですよ(笑)

 

実はムツカシイ

 

そのおじさまはどなたかからの頼まれもので買い物にお越しになった様子でした。

ですので、どんなギターに使うのかとお尋ねしても答えが出てきませんでした。

 

なぜカポをお買い求めいただくだけなのにギターの種類が必要なのかといいますと、ギターって種類によって指板の角度が微妙に違うんです。なので、その指板の角度にあったカポが存在するわけなんです。

あ、指板というのはこちら。弦が張ってある部分のことを指板と言います。

「ギター 指板」の画像検索結果

 

ここの角度が楽器によってちょっとずつ違うんです。

アコースティックギターは緩やかに丸くなっているんですが、エレキギターは比較的まっすぐだったりするんです。

 

クラシックが一番マイナー

 

ギターというと何ギターを思い浮かべますか?

これはきっとアコギ(アコースティックギター)という方が多いんじゃないでしょうか。

ほぼカポを使う機会というとほとんどの場合アコギを弾かれる方だと思うんです。弾き語りで使う印象が強いんですよね。

 

で、そのアコギ用のカポがこちら。

黒いゴムの部分に緩やかな角度がつけられているのをおわかりでしょうか?

そしてこちらが同じメーカーのクラシックギター用のカポ。

黒いゴムの部分がまっすぐですよね。これくらい違いがあるんです。

でも実際のはなし、カポを使う方のほとんどはアコギでして、クラシックギターのカポというのはそんなにメジャーな存在ではないんです。

でも、だからといってクラシックギター用のカポをアコギに使うと×ですし、アコギ用のカポをクラシックに使っても×なんです。この緩やかな角度のせいできちんと弦を押さえてくれなくなっちゃうんですよね。

 

間違わないように

 

カポは周辺アクセサリとしてはそんなに高価な部類ではありません。しかし、楽器の種類に応じてカポ自身にも種類があるということは意外に知られていないことなのかもしれません。

適当でいいや!と楽器にあわないカポを買っちゃうと演奏に支障をきたしますし、なによりストレスになります。

なので、わからないことはスタッフにお尋ねください。

もちろんそのスタッフも万能ではありませんので何でもオーライという訳にはいかないかもしれませんが、きっと良い落ち着き先を探せるように一緒に考えさせてもらいます。

カポに限らずなんでもお気軽にお問い合わせくださいませ♪

 

ま、でもカポはちょっと難しいんですけどね(笑)

 

 

  

☆ヤマハ音楽教室・ヤマハ英語教室 春の無料体験レッスン実施中!☆

平瀬楽器の体験スケジュールはここをクリックしてください!

 

&nbsp

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

 - 楽器のこと