素晴らしい瞬間を共有しませんか?ジュニアオリジナルコンサートのお誘い

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

JOCってご存知でしょうか?

 

JOC

 

JOCとはJapan Olympic Cpmmitee(日本オリンピック協会)の略…ではなく、Junior Orijinal Concert(ジュニアオリジナルコンサート)の略です。

「ジュニア・オリジナル・コンサート」というと思い出される方もいらっしゃるかもしれませんが、その昔、日曜の朝にテレビでやっていたその名前の通りの番組がありました。

それはヤマハ音楽教室に通っている(もしくは通っていた)子どもたちの自作の曲によるコンサートを中継する番組でした。

残念ながら番組自体はもう終わってしまいましたが、全世界のヤマハ音楽教室では現在でもJOCというイベントは深く根付いております。ヤマハ音楽教室にとってとてもとても大切なイベントの1つなんです。

そんなJOCを、ちょうど来週の1月22日に三田で行うことになっています。

 

自作曲のコンサート

 

上にも書きました通り、JOCは自作自演のコンサートです。

その日のために子どもたちが一生懸命作った曲を自分の演奏で披露するというとてもスペシャルなステージです。

その日のコンサートでは、当然知ってる曲は1つもでてきません。誰が演奏する曲も本邦初公開のものばかり。

うまいのか、下手なのか、それが合ってるのか、間違ってるのか、それすらもわかりません(笑)

でも、子どもたちが何かを感じて作った曲というのがそこに確実に存在して、そしてそれを一生懸命披露してくれる姿というのはとても素晴らしいものだと思います。

 

ヤマハのイベント

 

発表会を始めとしてグレードテストや各種コンクールなどヤマハ音楽教室というのは非常にイベントが多いんです。

そんな色々あるイベントの中でも、個人的に最もヤマハ的だなと思うのがこのJOCジュニアオリジナルコンサートなんです。

子どもたちが作ってきた短いモチーフのような、鼻歌のようなもの素材にして、先生方は一緒に作品を作っていきます。

子どもたちのインスピレーションを引き出したり、必要であれば編曲も施したり。とにかくそんな風に関わって形を作ってくださる先生方の苦労というの本当に大変だなぁと思って見ています。

しかし、そうやって出来た自分の曲を披露できるということが、子どもたちにとってのものすごく貴重な宝物の瞬間なんだと思います。

 

「○○コンクール優勝!」ももちろん素晴らしいことだと思いますが、自分の思いを乗せた曲を自分で作って自分で演奏するという経験を持つことも同じくらい素晴らしい事なんじゃないかなと思います。

このJOCはどなたでもご覧いただけます。とても人気のイベントでいつも満員御礼なのですが、もしよければぜひ遊びにいらしてください。

1月22日(日)お昼から、兵庫県立有馬富士公園多目的ホールで行っております。ご来場お待ちしております!

 

 

 
※過去の動画です


☆平瀬楽器のLINE@ができました!☆

問い合わせにも24時間対応可能です。

ぜひお友だち登録してくださいね!

スマホでご覧の方はこのボタンをタップするだけ♪
友だち追加数

PCでご覧の方もクリックしてくださいね♪

 

 

 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - レッスンについて, 発表会