配信がやってきて変わったこと

   

vol.2139

平瀬楽器のヒラセトモキです。

おはようございます!

毎年好評の音楽教室初月月謝無料キャンペーンが開催中です。
楽器や音楽に興味がある方は、
ぜひこちらをチェックしてくださいね

2020年9月に配信コンサートを
スタートして、まる2年が経ちました。

その間に行ってきた本番の回数は
なんと126本!

 

とにかく本数を意識してやってきましたので
まぁまぁ多いんじゃないかなぁと
自画自賛しています。

 

 

 

さてこの配信コンサートが始まって、
大きく変わったなぁと思うことが一つあります。

それは何だと思いますか?

 

 

これまで発表会にしてもコンサートにしても、
開催は土日というのが一般的でした。

まれに金曜夜があるかなという感じで、
基本的に平日の夜に開催することは
あまりありませんでした。

 

しかし配信ができるようになって、
平日夜の本番がめちゃくちゃ増えたんです。

 

ご覧いただくお客様はたいてい社会人の方。

お仕事を終えてからホールなりサロンなりに
足を運ばれるわけです。

 

しかし配信コンサートだと、
場所が不問になります。

極端な話、
通勤途中の車でも見れますし、
電車の中だって大丈夫です。

もちろんホールまで足を運ばずとも
家でゆっくりご覧頂くこともできちゃいます。

 

この時間や距離が不問になった
というのがとてもいいようで、

たとえば月曜の夜みたいな
普通ならなかなか開催しようと思わない
曜日や時間帯でも配信コンサートなら
開催が可能になったんです。

 

そのおかげで、
我々は本番業務が倍増。

 

配信ももちろんですが、
本番を数多く経験させていただけるのは
とてもありがたいことだと思っています。

 

 

 

コロナによっていろんなことが
変わったと言われていますが、
配信コンサートも間違いなく
そのうちのひとつに含まれます。

 

ただ単にコンサートが配信に置き換わった
というだけではなく、
コンサートの自体の開催パターンも
変わってきたんです。

 

なかなか気づきにくいことですが、
いろんな変化がありますよね。

 


 

 


12月9日(金)18:30から!お申し込みはこちらをクリック

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務・コンサートの配信業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。2013年からYouTube、2021年からはtiktokもスタート。2021年配信専門部門「HG動画配信サービス」を立ち上げる。

 - ライブ配信, 音楽会・コンサート