ピアノ買うならこれはマスト!!と胸はって言えるのは…

   

vol.1943

平瀬楽器のヒラセトモキです。

おはようございます!

ピアノを買われる方に
最近良くおすすめしているものがあります。

それはビッグボードという商品。

 

パッと見た感じは
単なる「ピアノの下に敷く板」なんですが、
最近の住宅事情も考えると、
割とマストな物品かなぁと思っています。

 

もともとピアノの下に敷く板というと
「敷板」と呼ばれるものが
過去からありました。

 

これは畳のお部屋にピアノを置くと、
金属製の車輪で畳を大きく
傷つけてしまいます。

そういうのを防ぐための
車輪の下に敷く板が敷板なんです。

 

しかし単なる板の上に
車輪を置くだけでは
地震の際にピアノが
動きやすい状態になってしまい、
かえって危ないということで
最近はあまり販売されないのが
実情です。

 

ではビッグボードは何なのか
といいますと、
車輪の下の部分だけでなく
ピアノの下部分全体を
カバーするサイズの板なんです。

 

もちろん床を傷つけない
という意味でも有効ですが、
実はこれ、最近増えてきている
床暖房への対策として
とっても有効なんです。

 

 

床暖房って床だけじゃなく
お部屋全体が暖かくなって
とってもいいですよね。

 

でも、実はピアノにとっては
非常に厳しい設備でして、
床暖房の効果でピアノが過乾燥に
なってしまいがちなんです。

 

乾燥状態になると
木材は痩せ、
ネジが緩み、
下手をすると塗装面が
割れてきたりもします。

 

それを防いでくれるのが
ビッグボードなんです。

 

せっかくある床暖房を
ガマンする必要もなく、

ピアノにもできるだけ影響を少なくする
ビッグボードは、
現代ではある意味必携な商品として
考えています。

 

まだ使われていない方は
ぜひ一度ご検討いただいても
いいかな~と思います。

 

 

 


平瀬楽器では現在ヤマハ音楽教室入会スペシャルキャンペーンを実施中!
詳しくはこちらのリンクをご覧ください!

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務・コンサートの配信業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。2013年からYouTube、2021年からはtiktokもスタート。2021年配信専門部門「HG動画配信サービス」を立ち上げる。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - ピアノのこと