勝手なストーリーを考えてみる

   

vol.1615

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。

おはようございます!

 

付帳(つけちょう)というものを
ご存知でしょうか?

お芝居の世界の言葉なのですが、
キャラクターの設定や小道具など
その人に関するパーソナルの
データをまとめたものを指します。

これが超重要なんです。

 

●はやった作品

 

ここ最近流行った漫画・アニメでは
やはり鬼滅の刃がダントツですよね。

また個人的にはまっている呪術廻戦も
ヒットの兆しがあるようです。

 

この2つの作品に共通しているのは
キャラクターの設定が
非常に綿密に作り込まれている
ということ。

 

これまでの多くの漫画や
アニメの場合、

主人公のキャラクターは
ある程度しっかり作りこまれている
ものの、

その周りの人たちの物語は
あまり多く語られる事なく
全体のストーリーが
進行していきました。

 

しかしこの2作品に関しては
周りの人たちに関しても
きちんとストーリーがあり、

時によってはストーリーの主軸が
そこに移ることもあり、
それによって物語に深みが
増すわけです。

これって付帳のパワーなんですよね。

 

●ストーリー

 

いろいろな楽曲は
それぞれストーリーを
持っています。

 

もちろん作曲家が考えた
ストーリーというのが
本筋だとは思うのですが、

演奏する人が考えた
ストーリーでも
別に構わないと思います。

 

また、そのストーリーに
サイドストーリーがあっても
別に問題はありません。

 

重要な事は、
何も考えずに楽曲に向かう
のではなく、

何かしらのストーリーを持って
臨む方が
楽曲への理解度も深まりますし、
気持ちもはまり込めるのでは
ないかなぁと思うんです。

 

ただ単に音符を追って
その曲のメロディーをなぞると
いうのも演奏です。

しかしもう1歩踏み込んで
楽曲を考える・味わう、
そういうことをすると
一気に広がる部分が
出てくるのではないでしょうか。

 

 

いま取り組んでいる曲に
自分なりのストーリーを
作ってみる、

なんて訓練も
良いかもしれませんね。

ぜひやってみてくださいね!

 


 


【2021年春の無料体験レッスンスケジュールが発表されました!】

 

★毎日発行メルマガ「音楽で、この町の笑顔を増やします。」発行中!登録してくださいねー

平瀬楽器YouTubeチャンネル最新の動画

■こんなチャンスはめったに無い!?2021年春・無料体験レッスンのご案内

 

 

楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回
お届けします!

PCでご覧の方はこちらを クリックしてください♪

子供の楽器から大人の鍵盤楽器へと
進化した鍵盤ハーモニカの可能性に
触れてみませんか?
体験会参加者募集中です!


詳しくはこちらを
クリックしてください♪

鍵盤ハーモニカのクリーニングはこちらをご覧ください

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務・コンサートの配信業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。2021年配信専門部門「Echo動画配信サービス」を立ち上げる。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 練習について, 楽譜, 音楽について